生命誌の広場

みなさんからのご意見

中村桂子のちょっと一言

アゲハの気持ち

投稿日:2019.09.25 ニックネーム:ミッキー

大好きなランタナの、赤と黄色の花の周りをひらひらと楽しそうに飛び回るアゲハを見ていると、昆虫にも「楽しい気持ち」ってきっとあるのだろうなと思うのです。特に、花蜜を見つけたりパートナーを探したりする時は、そうに違いないと思うのです。やはり、生存や子孫繁栄のための活動は、生きものにとって楽しく感じるようになっているのかなと思うのです。でも、楽しいのはそんな時だけなのかなと思うようになってきました。
初夏の頃、こんな光景を見ました。隣家には背の高い木が数本、東西方向に一列に並んでいます。ある日、庭仕事をしてると、西の方向からこちら(東側)に向かって1羽のアゲハが飛んできました。木と木の間を縫うようにジグザグに飛んで来ました。まるでスキー競技の大回転(スラローム)を思わせるような光景でした。その後、アゲハは東に抜けて飛んでいきました。ところが、しばらくすると、また西の方向にアゲハが現れて、同じようにスラロームして東へ抜ける。これを3回ほど繰り返すのを眺めていました。その時、このアゲハはきっと「楽しく遊んでいる」と思いました。同じ個体かどうかはわかりませんが、別の日にも、同じ様な光景を何度か見ました。アゲハは翅を広げてグライダーのように滑空するのが好きなようで、木々の間を抜ける時はいつもスーッと滑空していました。滑空スピードは思ったより速かったです。翅の後ろの造形が空気抵抗の原因である渦の発生を打ち消しているのかもしれません。そういう進化もあるのかな。    

以上、まるで夏の夜の幻のような話にお付き合い頂きありがとうございます。秋めいて涼しくなってきました。お身体お大事に。

お返事

投稿日:2019.09.26 名前:中村桂子館長

ランタナは我が家の庭にもあり、チョウたちが楽しげにやってくるのを楽しんでいます。こちらも楽しくなりますよね。チョウのスラロームのお話に生命誌のテーマに「遊ぶ」を選んだのはいつだったかしらと思っています。そして加古里子さんが「子どもから遊びを奪うのは死になさいと言うのと同じなのに、近頃の社会はそれがわかっていない」と悲しんでおられたことを思い出しました。チョウも眺めていただいて嬉しくなり何度も試みたのかもしれませんね。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

最新のお返事

2019年11月19日
”土”について
2019年11月19日
学習発表会
2019年11月14日
”土”について
2019年11月12日
RE:あるカマキリとの出会い
2019年11月06日
あるカマキリとの出会い

最新のお意見

2019年11月16日
”土”について
2019年11月14日
学習発表会
2019年11月13日
”土”について
2019年11月10日
RE:あるカマキリとの出会い
2019年11月04日
あるカマキリとの出会い

過去の書き込み

ページの先頭へ