研究セクター

発生・進化・生態系の切り口で
生きものの実験・研究をしています。

  • チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ
  • DNAから進化を探るラボ
  • ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ
  • ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ
  • カエルとイモリのかたち作りを探るラボ
「生きている」を支える基本は細胞です。私たちはそれを出発点に発生・進化・生態系という切り口で、チョウ、クモ、コバチ、カエルなど生きものたちの物語りを読み解いています。卵(一つの細胞)からクモやカエルの形がどのようにしてできるのか、昆虫の多様性や植物との共進化、チョウの食草選択など興味深いテーマがたくさんあります。

ラボ一覧

チョウが食草を見分けるしくみを探る ー昆虫食性進化研究室ー 尾崎克久

チョウは種ごとに決まった食草を食べます。食草とチョウの進化の関係を、チョウが前脚で植物の成分を知るしくみの解明から追います。

DNAから進化を探る ー系統進化研究室ー 蘇智慧

イチジクとイチジクコバチの密接な共生関係がどう築かれたのか、また、生きものの中で最も多様な昆虫類の起源をDNAの系統関係から探ります。

ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろう ー細胞・発生・進化研究室ー 小田広樹

私たちが開拓した新しいモデル生物オオヒメグモの発生や細胞を調べ、昆虫や脊椎動物と比べることによって、動物の多様性の原点を探ります。

カエルとイモリのかたち作りを探る ー形態形成研究室ー 橋本主税

生きものの形づくりには、細胞が「増える」「移動する」「分化する」ことが基本にあります。細胞がどのように振る舞って形を作っていくのか、カエルとイモリで調べています。

ラボ日記

研究セクターのメンバーが日常で思ったことを紹介します。

詳細はこちら

最新論文一覧

各研究室が発信する最新の論文を一覧できます。

詳細はこちら

大学院を希望する方へ

JT生命誌研究館は大阪大学連携大学院として学生を受け入れています。

詳細はこちら

  • 催しへ行こう
  • 宮田隆の進化の話

新着情報

ページの先頭へ