生命誌の広場

みなさんからのご意見

中村桂子のちょっと一言

一番必要なのは水でした

投稿日:2018.07.23 ニックネーム:やっちゃん

7月7日の西日本豪雨災害で一週間断水を経験しました。
結果、水の大事さを再確認。水一滴でも大事に扱おうと決めました。
命の危機も感じる酷暑と断水を同時体験したことで、生命の基本を体に刻みました。水がなければ生きられない。水の惑星と呼ばれる地球に生きて、これほど水のありがたさを感じた事はありませんでした。
体の中の水環境に注意を払わないと、脱水症で命を失うことになりかねません。皆さんも、どうぞご自愛ください。

お返事

投稿日:2018.07.24 名前:中村桂子館長

大変でいらっしゃいましたね。蛇口をひねると飲める水が出てくるありがたさは、大声で叫んでもよいありがたさですね。ふだんあまり感じないで過していますが。水の恐ろしさと水の大切さを同時に教える「自然」は大きなものだと改めて感じました。今回また謙虚であれと教えられた気がします。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

最新のお返事

2018年12月17日
《自由》と【多様性】の関り…
2018年12月17日
人が生きるとは
2018年12月17日
畑新人
2018年12月13日
季刊 生命誌99号
2018年12月05日
季刊生命誌WEBフォームより

最新のお意見

2018年12月15日
《自由》と【多様性】の関り…
2018年12月14日
人が生きるとは
2018年12月14日
畑新人
2018年12月13日
季刊 生命誌99号
2018年12月01日
「こころ」について

過去の書き込み

ページの先頭へ