生命誌の広場

みなさんからのご意見

季刊生命誌について

生きものの時間

投稿日:2017.06.13 名前:岡野桂子

生命誌93号researchの2編の記事、興味深くWebから再度カードに戻り、不思議の世界の一幕をしみじみ眺めいっておりました。
幼虫が昇る「大人への階段」。核内倍化3回目から4回目に至る過程、1回目から2回目に比して随分時間がかかっている。ゆっくり時間が流れている。しかも、最後の一押しがないと進めない。8nと32n、慣性質量が大きくなって? 思わず我が身に重ね、過去を蓄積してきた私の体内時計もゆっくりすすむようになる、と。年々世の中の時が速く進むはず。
ゾウの時間、ネズミの時間、そして一生の間の様々な時間、さらには体内の細胞たちの時間。生きものの時間をめぐって色々な思いが交錯します。それにしても、38億年やナノセカンドを考え想像することができるなんて、生きものの外の時間の感覚を身につけたおかげでしょうか。
いつも丁寧に作りこまれた作品、生命誌93号ありがとうございます。

お返事

投稿日:2017.06.14 名前:中村桂子館長

ていねいに楽しんでくださりありがとうございます。
小さな発信ですが読者がここから始まって、あちらこちらへと御自身で展開して下さることを願っております。どんな展開をなさったかまたお知らせ下さい。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

過去の書き込み

ページの先頭へ