生命誌の広場

みなさんからのご意見

中村桂子のちょっと一言

「まど・みちおの詩で生命誌をよむ」を聴く楽しみ

投稿日:2017.01.02 ニックネーム:竹ちゃん

あけましておめでとうございます。今年も、生命誌研究館の活動を楽しみにしています。
今、金星と月がきれいに並んで見えます。その左上には、赤い火星も見えます。何かわくわくしています。
NHKのカルチャーラジオを楽しく聞いています。とくに「科学と人間」は、熱心に聞いています。中村館長さんが講師をしてくださらないかと、期待していました。すると、6日から13回にわたりお話を聞けるということでしたので、そのテキストを本屋に行って探しましたが、見つかりませんでした。ところが、今日、初売りに出かけた折に書店に寄ってみると、1冊だけ置いてありました。すぐに買い求めてきました。まだ、途中までしか読んではいませんが、すぐに投稿したいという衝動に勝てずに書きました。
漬物石の話で思い出したことがあります。芦田恵之助先生が「作文を書かせる時に大事なことは、教卓の前でじっと子どもたちの書く姿をながめていなさい。沢庵石になることです」と書き残されています。不思議なことを書くものだと思っていました。これは、子どもを信頼していることを態度で示されたのだなと、気づくまでには時間がかかりましたが、師弟のつながりを示す言葉だと納得しました。
中村館長さんに何回か子どもたちの『生き物はつながりの中に』の感想をお送りしたことがあります。お忙しいのにもかかわらず毎回子どもたち一人ひとりに返事を送ってくださいました。その姿に、中村館長さんの生命誌研究への精神を感じました。
テキストで読むのと声で聴くのとでは味わいが違います。今回の講座を楽しみにしています。

お返事

投稿日:2017.01.06 名前:中村桂子館長

三日月と金星と火星。本当にきれいでしたね。たまたま年賀からの帰り道で出会い、暫く見とれました。
カルチャーラジオ、数回分は録音をすませました。30分におさめるので緊張しての話ですが、お聞きいただけるのはありがたいことです。
今年もよろしくお願いいたします。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

最新のお意見

2017年02月14日
御礼
2017年02月13日
子供達に
2017年02月13日
勝手し放題の人間
2017年02月07日
岡田節人著<試験管のなかの生命>
2017年01月08日
カルチャーラジオを聴きました。

過去の書き込み

ページの先頭へ