表現スタッフ日記
展示季刊「生命誌」を企画・制作する「表現を通して生きものを考えるセクター」のスタッフが、日頃に思うことや展示のメイキング裏話を紹介します。月二回、スタッフが交替で更新しています。
バックナンバー
【猫と長島茂雄】
2002年3月15日
桑子朋子
 ついに長島茂雄のクローン誕生!?と、新聞の囲みタイトルにびっくり。読んでみれば、哲学者梅原猛さん原作のスーパー狂言「クローン人間ナマシマ」試演の記事だった。 クローン人間ねえ…、究極の延命や不妊治療を望む人にとっては現実問題かもしれないが、私にはまだまだ遠い世界の話だと思っていた。ところがこのクローン人間ナマシマ、妙に身近な響きで“悪くない”イメージを抱いてしまう。  最近、米国で誕生したクローンネコCcも、その写真を見るかぎり、可愛らしく“悪くない”子猫ちゃんだ。Ccはママとパパから生まれた子猫ではない。まず、大人の三毛ネコの体細胞(卵丘細胞や繊維芽細胞)から核DNAを取り出して、核を取り除いた別のネコの卵細胞に移植する。次に、この卵細胞を培養し、クローン胚として細胞分裂を促す。最後に、クローン胚を代理母であるトラネコの子宮に移す。移された複数のクローン胚のうち、胎児となり誕生したのがCcだ。
 
 【問題:Ccの毛柄は、a. 三毛ネコ, b. 別のネコ, c. トラネコ, どれにそっくりでしょう?>>】
  
 Ccを「私」に置き換えてみよう。実は私、近所の叔父さんの口の粘膜細胞から拝借した核DNAを、そのまた近所の叔母さんの細胞に移植して培養し、そのまた近所のお姉さんの子宮に移して生まれたクローン人間なんです!ということか。嫌だなあ、どころではない。私の存在は、借り物だらけだ。
 羊のドリーに始まりウシ、ブタ、マウスと哺乳類で次々と登場するクローンだが、ペットである猫のクローン誕生は、改めて、いろいろ考えさせられた。
 無理な交雑で愛玩動物を生み出した人間の歴史を考えると、クローンもその延長線なのかもしれない。愛するペットのクローン生産で飼い主を喜ばせるビジネスは繁盛するだろうし、長島茂雄というスターの増産にはプラス方向のイメージを抱いてしまう。でもやっぱり、Ccの気持、クローン人間ナマシマの気持を想像すると、「ちょっと待って」と言いたくなる。狂言の筋書では、7人のクローン人間ナマシマは、上手い具合に長島茂雄のようなスターにはなれないようだ。一体、結末はどうなるのだろう。ぜひ、観に行ってみようと思う。
    
 【>>問題の答:a. 三毛ネコ 〜Ccの体をつくる細胞は、三毛ネコの核DNAのコピーを持つことが実験的に確かめられた。しかし、Ccと三毛猫の毛柄は、全く同じというワケではない。研究者は、核DNAの遺伝情報と子宮内環境の両方とが、毛柄を決定すると考えている。】


[桑子朋子]
戻る 次へ
表現スタッフ日記最新号へ
Javascriptをオフにしている方はブラウザの「閉じる」ボタンでウインドウを閉じてください。