生命誌の広場

みなさんからのご意見

中村桂子のちょっと一言

この夏一番元気だったものは?

投稿日:2019.08.23 ニックネーム:やっちゃん

 さすがに立秋を過ぎると、朝晩涼しくなりますね。虫の音も盛んです。中村館長様、研究館の皆様、お元気でお過ごしですか。

 この夏、勤務先の保育園で、年長さんとダイズを育てています。初めての体験で、土・水・光に注意を払って栽培し、花が咲きました。楽しみの枝豆を心待ちにしているのですが、このところ停滞しています。莢が一つだけで、第二、第三の莢がない!何故だろう??何が足りなのだろう?ほったらかしの我が家のオカワカメは、今年も超元気で大繁殖しているというのに。………環境に適応した生物は、自ら伸びてゆくのですね。作物は、ヒトの手を必要としているけれど、ヒトの思い通りにはいきません。ダイズの声を聴かねばと、今日も足を運びます。土の中の根粒菌も元気だといいな。いろいろな力を借りて、命は生き続けていることを感じます。
 
 

お返事

投稿日:2019.08.28 名前:中村桂子館長

保育園でのおマメ、収穫たくさんになるとよいですね。我が家も毎年家人がお台所の出窓でミニトマトを育てています。朝食に食べられるようにという意図はとてもよいのですが、今年は10粒ほどで次が続きません。なぜだかわからず、難しいなと悩んでいます。お店にはあたりまえのように野菜が並んでいますが、たくさんの知恵あってのことなのですね。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

過去の書き込み

ページの先頭へ