季刊誌「生命誌」通 巻22号 
「翅」が語る生命誌:目次
「翅」が語る生命誌
 チョウやショウジョウバエの翅の研究は、私たちの体づくりと無関係ではない。
 昆虫の翅とヒトの手足のでき方は基本的なメカニズムが同じであることが 明らかになってきた。このことは進化がどのようにして起こってきたのかについても教えてくれる。 美しいチョウの翅を入り口にして、現代生物学が明らかにしようとしていることを見てください。

翅の表面の拡大写真
(ギフチョウ)
今、チョウの翅の研究は:鳥居信夫
   翅はいつどこからできるのか
 チョウでも始まる遺伝子の研究
 広がる眼状紋の研究
翅の発生で見る生命の歴史:林茂生
   最近の研究からわかってきたこと
 付属肢の発生メカニズム
 付属肢の進化
遺伝子が決める翅の形:多羽田哲也

Special Story

CLOSE

Javascriptをオフにしている方はブラウザの「閉じる」ボタンでウインドウを閉じてください。