両生類胚を用いた古典的な「オーガナイザー」実験を行う際には、胚の外面に穴を空けて組織を「投げ込む」方法がとられることが多い。しかしこの論文において著者は、アフリカツメガエルの胞胚に穴をあけて、胞胚腔の中の液を流しだして、外層と内層が直接触れるようにするだけで、2次的な尾を発生させることができることを示した。この条件下での2次的な尾の発生は、正常の尾の発生と同様にFgfシグナルの作用に依存し、また同様の遺伝子群の経時的な発現を伴う。この論文は、「尾部オーガナイザー」の作用が本当はどのようなものであるのか?また尾部の構造を発生させるのはどのような機構であるのか?といった問題に対して、現代的なアプローチによって再検討することが必要であることを示しており、その学術的な価値からDGD Awardにふさわしいと判断した。