BRH公開セミナー2005年度の報告

タイトル
「昆虫の起源、系統、進化と多様性を探る」
日時
2006年3月3日(金)午後13時30分~17時30分
場所
JT生命誌研究館
内容

DNAから共進化を探るラボでは、現在「イチジク属植物とイチジクコバチの共生関係、共進化と種分化」および「陸上昆虫の起源、系統と進化」について研究を行っている。当該分野或いは近い分野で活躍しておられる研究者をお招きして講演して頂くことによって、BRH研究者と外部の研究者間の情報共有、意見交換など互いの研究に対する多方面の議論が直接的に行われることが できる。このような議論は我々の研究のこれからの発展に寄与することが期待できる。

  • 1)昆虫類のベーサル・クレードの再構築 -比較発生学の立場から-
    町田龍一郎(筑波大学)
  • 2)色素形成から探るテントウムシの斑紋と擬態斑紋
    新美輝幸(名古屋大学)
  • 3)ホタルはどうして光るのか:その進化的みちすじ
    大場裕一(名古屋大学)
日時
2005年12月20日(水)午後15時30分~
場所
JT生命誌研究館
講演者
大久保公策(国立遺伝学研究所)
内容

生物研究から出された大量の情報をいかに整理し、生命現象の理解につなげるかの基本についてお話をしていただきました。

日時
2005年9月1日(木)午後16時00分~17時00分
場所
JT生命誌研究館
講演者
柊 卓志 博士(マックスプランク研究所、フライブルグ、ドイツ)
内容
Polarity formation in mammalian preimplantation embryos has long been a subject of controversy. Mammalian embryos are highly regulative, which has led to the conclusion that polarity specification does not exist until the blastocyst stage; however some recent reports have suggested polarity predetermination in the egg. Our recent time-lapse recordings have demonstrated that the first cleavage plane is not predetermined in the mouse egg. Morphologically, the mouse blastocyst possesses an obvious asymmetry, with the inner cell mass (ICM) at one end of the long axis of the ellipsoidal embryo and the blastocoel surrounded by the trophectoderm (TE) at the other. Thus, the intriguing question remains as to whether this asymmetry in the embryonic axis, the embryonic-abembryonic (Em-Ab) axis, is anticipated at an earlier point in development, as previously suggested. Here we show that, in contrast to previous notions, 2-cell blastomeres do not differ and that their precise future contribution to the ICM and/or the TE cannot be anticipated. Thus, all evidence so far strongly suggests the absence of predetermined axes in the mouse egg. We observe that the ellipsoidal zona pellucida exerts mechanical pressure and space constraints as the coalescing multiple blastocoel cavities are restricted to one end of the long axis of the blastocyst. We propose a novel model wherein these mechanical cues, in conjunction with the epithelial seal in the outer cell layer, lead to specification of the Em-Ab axis, thus establishing polarity for the first time in mouse embryonic development.
日時
2005年7月26日(木)午後14時30分~15時30分
場所
JT生命誌研究館
講演者
蔵本由紀 博士(北海道大学特任教授、京都大名誉教授)
タイトル
「生命のリズム」
日時
2005年6月16日(木)午後13時30分~15時00分
場所
JT生命誌研究館
講演者
岩崎秀雄(早稲田大学理工学部)
生命誌ジャーナル2003年夏号「時を刻むバクテリア」
内容

シアノバクテリアの概日リズムを観察する手法の開発から、純粋なタンパク質をまぜるだけで24時間周期の化学反応を見ることができた最新の研究について、また、生命と時間・リズムを巡るアート の文化史(14世紀~現代)について頂きました。

さまざまな交流

  • 2016年
  • 2015年
  • 2013年2014年
  • 2012年
  • 2010年
  • 2010年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年

ページの先頭へ