生命誌って何?

生命誌絵巻
詳細はこちら

人間も含めてのさまざまな生きものたちの「生きている」様子を見つめ、そこから「どう生きるか」を探す新しい知です。

英語ではBiohistory。地球上の生きものたちは38億年前の海に存在した細胞を祖先とし、時間をかけて進化し、多様化してきた仲間です。すべての生きものがDNA(ゲノム)として、それぞれの体内に38億年の歴史を持っています。DNA(ゲノム)は壮大な生命の歴史アーカイブです。そこにある歴史物語を読み解くことから、生命・人間・自然を知り、それらを大切にする社会づくりにつなげて行きます。

生命誌研究館の活動

生命誌研究館の活動

生命誌では常に生きることに関わる動詞、できるだけやまと言葉で考えています。愛づる、関わる、生る…なぜか生命とはなにかと問うたのでは出てこない大事なことが浮かび上がってくるのです。生きているを見つめ、生きるを考え、新しい知を生み出し、生命を大切にする社会を創っていきたい。優しく、穏やかに、着実に。あらゆる分野とつながっているはずですので御一緒に考え、動いてください。

  • 研究感へ行こう
  • 生命誌の広場

ページの先頭へ