表現スタッフ日記
展示季刊「生命誌」を企画・制作する「表現を通して生きものを考えるセクター」のスタッフが、日頃に思うことや展示のメイキング裏話を紹介します。月二回、スタッフが交替で更新しています。
バックナンバー
【何種の地球?】
2002年3月1日
北地直子
 「ウィルスメールに感染してたので・・・」 と、知人から続けて2件の知らせを受け、2人とも同じウィルスで、しかもすぐさま悪戯だったとの詫びメールに、「イイコトがコレくらい早く広まる世の中にならないか?と、切に願います」とのこと。そうやなぁと思っていたら、偶然本屋で『世界がもし100人の村だったら』という絵本を手にしました。メールでこういう文章がまわってまわって、訳されて本になった有名なものだったらしい。

>もし、現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで、
>全世界を100人の村に縮小するとどうなるでしょう。
>
>その村には・・・
>
>57人のアジア人
>21人のヨーロッパ人
>14人の南北アメリカ人
> 8人のアフリカ人がいます
>
>52人が女性です
>48人が男性です
>
>70人が有色人種で
>30人が白人
>
>70人がキリスト教以外の人で
>30人がキリスト教 ・・・

というふうに続きます。  
前回の「powers of ten」に続いて、
なるほどこういう感じの伝え方があったのか・・・と。  
生物に興味のある方ならたぶん誰もが考えること、  
そう、早速真似てみようと思いたったのですが、、、

>>もし、現在の推定生物種比率をきちんと盛り込んで、
>>全世界を100人(種)の村に縮小するとどうなるでしょう

だいたい、現在種名のついている生きものは「175万種」と言われています。
これは、おそらく1995年のデータが根拠となっていて、
ほんとうに地球上にいる生きものは、
3,000万種とも1億種!?とも言われていて、
年々新種が発見されています。
ここでは推定される全生物種を13,232,298種としてみます。
(2000年のデータの入っている『日経サイエンス(2002年2月号)』より)  …人というのも変ですが、…匹でもないので、
演劇の役割分担でもする気持ちで。。。

>>その村には・・・
>>74人の動物(66人が昆虫で、8人がその他の動物)
>>11人の菌類
>> 8人の細菌
>> 5人の植物
>> 2人の原生生物がいます

>>?人が雌で
>>?人が雄です

おっと、これはどうしましょう!
だって・・・

>>雌雄の別がないものも、
>>どちらにもなれるものの、
>>もっと多くの性をもつものもいます

>> 8人が原核生物で
>>92人が真核生物です

それから、

>>今年、2人が絶滅したので、
>>来年は村は98人になります。

というこの件に関しては、
1年間に4万種が絶滅しているというデータを、「175万種」で割った場合。
新種が生まれるのと、登録されるのとでは、意味が違いますが、
このまま行けば今世紀中に全滅か、という見方は違います。

生きものがどういう多様化の様子を経て、現在の様相に至ったのか、
4月からの新規展示「共生と共進化」展では、
それを、生物界の分岐と種数の変動に注目し、立体物として表現してみました。 全生物の全歴史を把握するにも等しいこのチャレンジは、
挫折と妥協と失敗を繰り返して、見事に・・・
(展示オープン→2002.4.16.)?
「立体生命誌絵巻」へのチャレンジはまだまだまだまだ続きます。
「100人(種)の村」の話にも、どんどん続きを加えて下さいませんか。
[北地直子]
戻る 次へ
表現スタッフ日記最新号へ
Javascriptをオフにしている方はブラウザの「閉じる」ボタンでウインドウを閉じてください。