館内展示

「生きている」を見つめ、「生きる」を考えるゲノム展

期間:
2016.1.5~
場所:
1F展示ホール

地球上に暮らす数千万種と言われる多様な生きものは皆、ゲノム(DNA)が入った細胞でできています。その始まりは、38億年前に海で生まれた祖先細胞。その中にあった小さなゲノムが、長い時間をかけて変わり新しい種と個体を生み出してきました。

この展示は6つのパネルに分かれ(下の図をご覧ください)、以下の3つの切り口で「生きている」を語ります。

「生きている」を見つめ、「生きる」を考えるゲノム展

タテとヨコのつながり

ゲノムは、親から子へと伝えられると同時に、他の生きものとの間でもやりとりされてきました。

パネル01では、あなたから1つの祖先細胞まで、ゲノムの「タテ」のつながりを語ります。親から子へと続く垂直遺伝子伝播です。

パネル02〜05では、1つの祖先細胞からあなたになる受精卵が生まれるまで、同じ時代を生きる生きもの間でのゲノムの「ヨコ」のつながりを語ります。例えば、水平遺伝子伝播や細胞内共生後の遺伝子移行です。

進化と個体の時間

生きものには、生まれて死んでいく個体の時間と、個体が連綿とつながる進化の時間があると考えています。

パネル01〜05では、38億年前からあなたへ続く「進化の時間」を語ります。

パネル06では、受精卵からあなたが生れ育っていく「個体の時間」を語ります。

ゲノムとエピゲノムの変化

生きものの進化では、「ゲノム」の塩基配列が変わりさまざまな種が生まれました。生きものの個体発生では、「エピゲノム」が変わりさまざまな細胞が生まれます。

パネル02〜05では、ゲノムが親から子そして生きもの間でやりとりされて塩基配列が変わり、さまざまな種が生まれたことを語ります。

パネル06では、DNAのメチル化やヒストンのアセチル化の違いによってエピゲノムが変わり、さまざまな細胞が生まれることを語ります。

ゲノムを見渡して「生きている」を考えるコーナー New!

ゲノム解読に基づく最新データを集めて、生きていることの特徴を浮かび上がらせる4つの俯瞰図を描きました。ウイルスゲノム、オルガネラゲノム、メタゲノム、ヒトゲノムです。これが、どのように新しい生命観に結びつくのか、インタラクティブ映像で、ゲノムの物語を考えるコーナーです。

ゲノムを見渡して「生きている」を考えるコーナー

新着情報

ページの先頭へ