館内展示

見えてきた進化の姿ーオサムシ研究からのメッセージー

期間:
2000.4.25~
場所:
1F展示ホール

JT生命誌研究館で、6年をかけたオサムシ研究が終了しました。

オサムシ研究は、オサムシという昆虫がどのように生まれ、どのように多様化してきたのか、その進化の道筋を探る研究です。

世界中の研究者、愛好家と協力して、世界のオサムシを採集し(35ヵ国から2000個体!)、その一匹一匹のDNAを解析して、オサムシの系統樹を描きます。そこからは、思いもかけないことが分かったのです。

まず、虫の歴史と、地球の歴史が、見事に重なりました。系統樹から推定されるオサムシの分岐年代と、大陸移動など、地史の年代が一致するのです。小さな虫が、大きな地球の変動を教えてくれるとは・・・!

また、進化は、小さな変化の積み重ねで、少しずつおこると考えられていました。ところがオサムシでは、急激に姿が大きく変わる例が見つかりました。しかも、これはオサムシに限らず、おそらく、他の多くの生き物でも同じなのです。

オサムシの展示は、虫の話だけではありません。全ての生き物、それを育む大きな地球の、46億年の歴史に思いをはせて下さい。

見えてきた進化の姿ーオサムシ研究からのメッセージー

ページの先頭へ