サマースクール 2016年度の報告

当館の研究や表現の活動を実際に体験してみませんか?【要予約・選考あり】

夏真っ盛りの8月18日と19日の2日間にサマースクールを開催しました。23名のスクール生の約半数が中高生と若い力が集まりました。スクールの最初を飾るのは、恒例の中村館長の開校宣言です。「ここは実験技術を修得するところではなく、生きているってどういうことなんだろう、ということを考える場所ですから、生命のことを一生懸命考える人になってください。」という言葉はスクール生にも迎える館のメンバーにも深く響き、熱気に満ちた2日が始まりました。研究セクターのラボ、表現セクターで、この日のために準備を重ねた課題に取り組むことを通して、研究の難しさ面白さ、表現の生みの苦しみと達成感、体験から生命誌の日常を実感したことでしょう。西川顧問のレクチャーでは、生命を見る目の機械論からの転換、倫理宗教までを含む展望は、中学生には難しいとの予め断りつきでしたが、若い頭は何かをつかんだようです。ランチパーティでの自己紹介、無我夢中でやりきった発表会、フル回転の記録を感想文でご覧下さい。そして、来年は是非あなたがこの場にご参加ください。

各部屋のサマースクールをご紹介します

表現を通して生きものを考えるセクター

「生きているってどういうこと? 細胞の物語をつくろう」

チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ

「チョウが植物を見分ける仕組みを遺伝子から考えよう」

DNAから進化を探るラボ

「DNAの塩基配列を比較して生きものの進化の歴史を探ってみよう」

ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ

「からだを作る細胞を観察して研究の種を見つけよう!」

カエルとイモリのかたち作りを探るラボ

「実験発生学の金字塔「シュペーマンの実験」を体験しましょう」

日程

8月18日(木)

09:30 受付開始
10:00-10:35 はじめの会
はじめの挨拶(中村館長)
日程の説明
館内メンバーの自己紹介と参加者の紹介
10:40-11:10 館内案内
11:15-12:00 各ラボ・セクターでオリエンテーション
12:05-12:50 昼食
13:00-17:30 各ラボ・セクターで研究活動

8月19日(金)

09:30-11:45 各ラボ・セクターで研究活動
11:50-12:30 サイエンスレクチャー(西川顧問)
12:35-13:30 ランチパーティー
参加者の自己紹介と懇親会
13:30-16:00 各ラボ・セクターで研究活動
16:00-17:45 おわりの会
各ラボ・セクターの研究発表
講評・おわりの挨拶(西川顧問)
修了証の授与(中村館長)

これまでのサマースクール

  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
  • 2007年度
  • 2006年度
  • 2005年度
  • 2004年度
  • 2003年度
  • 2002年度

新着情報

ページの先頭へ