サマースクール 2014年度の報告

当館の研究や表現の活動を実際に体験してみませんか?【要予約・選考あり】

7月24と25日の2日間、21名のスクール生を研究館に迎えて、生命誌研究館の活動を体験して頂きました。参加して頂いたスクール生の年齢やご職業は幅広く、今年は12歳の中学生から、なんと89歳まで。生命誌研究館のサマースクールの特徴です。

実習では、各ラボ・セクターでこの日のために考えた課題に取り組み、生きものが持っている魅力、生きものを考えることの面白さ、それらを日常と重ねる大切さを実感して頂けたのではないでしょうか。

実習の合間には、西川顧問のサイエンスレクチャーと懇親も兼ねたランチパーティー。レクチャーでは科学的・生物学的な思考法について深く考え、パーティーでは自己紹介も含めて皆が和気あいあいと。

2日間の詳細については、プログラムに取り組んだスクール生の方々からの感想文と、主任研究者あるいはスタッフの総括文をご覧ください。それぞれの奮闘ぶりをお読みになって、来年は是非、あなたがご参加下さることを願っています。

各部屋のサマースクールをご紹介します

表現を通して生きものを考えるセクター

「立体系統樹を作ってみよう」

チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ

「アゲハチョウの食草認識のしくみを解明しよう」

DNAから進化を探るラボ

「DNAの塩基配列を比較して生きものの進化の歴史を探ってみよう」

ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ

「からだをつくる細胞の分裂を見よう」

カエルとイモリのかたち作りを探るラボ

「両生類のかたちができる仕組みを解き明かそう」

日程

7月24日(木)

10:30 受付開始
11:00-11:35 はじめの挨拶(中村館長)
日程の説明
館内メンバーの自己紹介と参加者の紹介
11:40-12:00 各ラボでオリエンテーション
12:05-13:00 昼食「お弁当企画」
13:05-17:30 各ラボで研究活動

7月25日(金)

09:30-11:55 各ラボで研究活動
12:00-12:30 サイエンスレクチャー(西川顧問)
12:35-13:15 ランチパーティー
参加者の自己紹介と懇親会
13:15-16:25 各ラボで研究活動
16:30-17:35 1階カンファレンスルーム
各ラボおよびセクターの研究発表
講評・おわりの挨拶(中村館長)

これまでのサマースクール

  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
  • 2007年度
  • 2006年度
  • 2005年度
  • 2004年度
  • 2003年度
  • 2002年度

ページの先頭へ