サマースクール 2009年度の報告

当館の研究や表現の活動を実際に体験してみませんか?【要予約・選考あり】

例年に比べて少し早めの開催となった今年のサマースクール。7月の末に、生命誌の研究と表現の現場にスクール生の皆さんを迎えました。日頃の活動の面白さを伝えたい思いがみなぎる館員と、チャレンジ精神の旺盛なスクール生が一体となって課題に取り組み、研究発表会を通じてそれぞれの成果を共有し合いました。途中お弁当企画やランチパーティでは、集まった一人一人顔を合わせて交流し、研究と日常を重ねる生命誌らしい盛り上がりを見せてくれました。

後の吉川寛顧問の講評で、やさしいもの言いの中に、厳しい眼で核心を語る場面がありました。「科学の本質は、自ら考えた中から新たな問いを生み出すところにある。その意味で、予め課題を用意するサマースクールで本当の科学を体験することは難しいだろう。ところが、スクール生の中には、与えられた課題に取り組む中から、予想外の新たな疑問を提起できた人もいた。自分なりの目標を持ってここに集まった人たちが、限られた時間を真剣に取り組み、個々に手応えを得ているようで、大変喜ばしいことです。今年の講評会は好評会ですね。」

参加した皆さんから感想文を寄せて頂きました。各ラボからの報告とあわせてそれぞれの奮闘振りをご覧ください。

村田英克(スタッフ)

各部屋のサマースクールをご紹介します

SICPセクター

「生きものヤジロベエの制作:つりあいから読み解く生命現象」

昆虫と植物の共進化ラボ

「チョウが植物を見分ける仕組みを探ってみよう」

DNAから共進化を探るラボ

「DNAの塩基配列を比較して生きものの進化の歴史を探ってみよう」

ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ

「染色体を染めて遺伝子の場所を調べよう」

脳の形はどうやってできるのかラボ

「DNA取り競争とDNA地図作りパズルをしてみよう!」

チョウのハネの形づくりラボ

「電子顕微鏡を使ってチョウのハネのでき方を調べてみよう!」

日程

7月30日(木)

11:00-12:00 1階コンファレンスルーム
はじめの挨拶(中村桂子館長)
日程の説明・館内メンバーの紹介
宮田隆顧問のサイエンス・レクチャー
12:00-13:00 3階セミナールーム
昼食「お弁当企画!」
13:00-17:00 各ラボで研究活動

7月31日(金)

10:00-12:00 各ラボで研究活動
12:00-13:30 3階中央スペース
参加者自己紹介&懇親会(ランチパーティー)
13:30-15:55 各ラボで研究活動
16:00-17:15 1階コンファレンスルーム「研究発表会」
各ラボの研究発表
講評・おわりの挨拶(吉川寛研究顧問)

これまでのサマースクール

  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
  • 2007年度
  • 2006年度
  • 2005年度
  • 2004年度
  • 2003年度
  • 2002年度

ページの先頭へ