サマースクール 2019年度の報告

当館の研究や表現の活動を実際に体験してみませんか?【要申込・選考あり】

8月1日と2日の2日間、19名のスクール生を迎えてサマースクールを開催しました。研究は、自分で考え発見するプロセス。すでに答えがある勉強とはちがう面白さに満ちています。研究者が日々何を見て、何を考えているのかを肌で感じながら、生きものを通して生命を考える研究に取り組みました。
 サマースクールは、バックグラウンドや世代が異なるスクール生が共に研究に取り組むことが特徴の一つですが、参加対象を「日常的に研究を行っている人(大学生・研究者など)」に絞ったプログラムでは専門的な議論が行われ、スクール生自身の研究活動に広がりが生まれました。学校の先生と生徒という立場を越えて、スクール生同士が共に議論したプログラムでは、自分の考えを他の人に伝えること、他の人の考えを理解することの面白さと難しさを感じたという声が印象的でした。
 また、研究活動に最大限時間が使えるようプログラムの一部を見直しました。研究活動に集中できたと好評だった分、他のプログラムの見学や、スクール生同士の交流が減ってしまったことが残念でした。限られた時間の中で、十分な研究活動と交流の機会を両立させるには・・・。プログラムの充実に向けて、試行錯誤を続けていきたいと思います。
 各プログラムの総括と感想文は、下記リンク先からご覧ください(PDFファイルが開きます)。来年はあなたがこの場にご参加くださることをお待ちしています。

各部屋のサマースクールをご紹介します

表現を通して生きものを考えるセクター

「皆で語り合い、考える「生命誌のこれから」」

チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ

「高分子DNAの抽出とロングリードシークエンスに挑戦」

DNAから進化を探るラボ

「DNAの実験と解析を通して生きものの進化の歴史を探ってみよう」

ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ

「実験で“細胞の話合い”を調べよう!」

カエルとイモリのかたち作りを探るラボ

「徹底的に考えて「科学する」体験をしてみませんか」

日程

8月1日(木)

12:30- 受付開始
13:00-13:40 はじめの会
日程の説明
館内メンバーの自己紹介と参加者の紹介
13:45−17:30 各ラボ・セクターで研究活動

8月2日(金)

09:30-11:55 各ラボ・セクターで研究活動
(開始時間は各ラボ・セクターで決定)
12:00-13:00 ランチタイム
13:00-15:55 各ラボ・セクターで研究活動
16:00-17:30 おわりの会
各ラボ・セクターの成果発表
講評

これまでのサマースクール

  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
  • 2007年度
  • 2006年度
  • 2005年度
  • 2004年度
  • 2003年度
  • 2002年度

ページの先頭へ