研究員レクチャー
研究員レクチャー
JT生命誌研究館の研究員が月に1回づつ、現在おこなっている研究について話します。
【入場無料・予約不要】

研究員レクチャー2006年度
  第1回
 日  時 : 2006年4月15日(土) 14:00〜15:30
 場  所 : 1Fコンファレンスルームにて
 講  師 : 蘇 智慧 研究員
(DNAから共進化を探るラボ)GO!
 タイトル : イチジク植物と送粉コバチの関係:本当に「1種対1種」?
 内  容 :  昆虫と植物との共生関係の中で、イチジク属とその送粉コバチとの関係はもっとも厳密的で、種特異的である。1種のイチジク植物にただ1種のコバチが送粉していると言われている。現在世界中に750種程のイチジク植物が分布しているが、この「1種対1種」の関係はいつ成立しただろう。もし祖先種の段階でこの関係が成立していたとしたら、その後両者の種分化はどのように起きていただろうか。その種分化の歴史をわれわれが探っている。また、1種のイチジク植物に本当に1種の送粉コバチしかいないのか。形態的に1種と見えても、実際に高い選択圧を受けて、コバチの形態の収斂や平行進化が起きているかもしれない。これを解明するためには、各種のコバチの遺伝的変異を詳しく調べる必要がある。実は日本産の送粉コバチとメキシコ産のコバチを広範囲にわたって調べてみると、思わぬ結果が得られた。詳細は研究員レクチャーの時にお話しをしたいと思っている。
 この研究員レクチャーでもう一つ話したいのは小笠原諸島のイチジク属植物とそのコバチのことである。小笠原諸島には3種の固有種と1種の移入種が生息している。固有種といってもルーツがないわけではない。「何かの種」が「どこか」から島に進入して、長い時間が経って別種になったのは島の固有種である。小笠原諸島固有種のルーツはDNA解析によって明らかになった。移入種については面白い現象が起きている。その移入種はガジュマルという種で、南西諸島に広く生息している。明治初年に防風林として小笠原諸島に移入・栽培されて以来、近年までは種子を作ることはなかった。何故かというとガジュマル送粉コバチがいなかったためである。しかし、最近様子が違う。小笠原諸島のガジュマルは花を咲かせて、種子も作るようになった。その送粉コバチの正体は? 研究員レクチャーでお聞き下さい。
固有種3種
(写真は「小笠原植物図譜、豊田武司編著、アポック社」より)
(左上)
F. boninsimae トキワイヌピワ 固有種3種父島列島(西島、東島除く)/平島
(右上)
F. nishimurae オオトキイヌビワ 父島(rare)/母島(rare)
(左)
F. iidaiana オオヤマイチジク 母島 (very rare)

移入種1種(野生化)
F. microcarpa ガジュマル 父島/母島
  第2回
 日  時 : 2006年6月17日(土) 14:00〜15:30
 場  所 : 1Fコンファレンスルームにて
 講  師 : 尾崎克久 研究員
(昆虫と植物の共進化ラボ)GO!
 タイトル : 昆虫と植物を結ぶ絆は何か〜食草選択の仕組みを探る〜
 内  容 :
 アゲハチョウの仲間は、幼虫が特定の植物しか食べないので、母親であるメス成虫がどの植物を産卵場所として選択するかが次世代の生存を左右します。メス成虫は、産卵の直前に植物の葉を前脚でたたく「ドラミング」と呼ばれる行動により植物種を識別しますが、識別の手がかりは植物に含まれている化合物の組み合わせです。前脚で働いている化合物の受容に関わる遺伝子群を見付けることができれば、昆虫と植物の関わり合いについてより深く理解することが出来るだろうと考えています。これまでの研究で見つかった、産卵刺激物質の受容に関わる遺伝子群の解析によって昆虫と植物を結びつけている仕組みについて明らかに出来たことをお話しします。
  第3回
 日  時 : 2006年7月15日(土) 14:00〜15:30
 場  所 : 1Fコンファレンスルームにて
 講  師 : 小田広樹 研究員
(ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ)GO!
 タイトル : やはり、脊椎動物に最も近い無脊椎動物はナメクジウオではなくホヤ?
 内  容 :  ナメクジウオは形態が魚に似た動物で、これまで最も脊椎動物に近い無脊椎動物として信じられ、脊椎動物の体づくりの起源を理解するための研究に使われてきました。しかし、私たちは数年前に、細胞間の結合構造に注目した研究論文で、ナメクジウオよりもホヤの方が脊椎動物に近いのではないかという指摘をしました。この私たちの考えはすぐに受け入れられるものとはなりませんでしたが、昨年末と今年初めに私たちの考えを支持する研究論文がたてつづけに発表されました。今回のレクチャーでは、脊椎動物と近縁の無脊椎動物の系統関係について、最近の動向を紹介します。
ナメクジウオの成体
  第4回
 日  時 : 2006年9月16日(土) 14:00〜15:30
 場  所 : 1Fコンファレンスルームにて
 講  師 : 秋山-小田康子 奨励研究員
(ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ)GO!
 タイトル : クモの卵からなにが分かるか?
 内  容 :
クモ胚をDAPIという試薬で核染色したもの。球形の受精卵からこのような複雑な形ができるまでに、なにが起こるのか?
また、それを理解することによってなにが分かってくるのか?
 動物は、例えば脊椎動物や節足動物といったグループに分けることができます。このような動物のグループは進化の過程でどのように生じてきたのでしょうか? 私達はこの問題を、遺伝子やゲノムや細胞、発生システムなどの違いにより、理解したいと考えています。このようなことを目指して私達が行っている研究のひとつに、クモの胚発生の解析があります。クモは発生の研究材料としては馴染みの少ないものですが、最近、『二本鎖RNA干渉法』による遺伝子の機能解析も可能になりました。
 今回のレクチャーでは、私達のクモの発生研究の進展状況をこの分野の動向とともにお話します。
  第5回
 日  時 : 2006年11月18日(土) 14:00〜15:30
 場  所 : 1Fコンファレンスルームにて
 講  師 : 佐々木剛 奨励研究員
(DNAから共進化を探るラボ)GO!
 タイトル : 生物の上陸−植物から動物へ
 内  容 :  「海は生命のスープ」と言われるように、太古の地球上で始めに生命が誕生し たのは海の中でした。それから長い間、生命は海の中だけに生存していましたが、一部の生物が上陸するための環境が徐々に作られていきました。そしてついに植物が、陸上への進出を果たしました。約5億年前のできごとだと考えられています。
陸上に植物が繁栄すると、地上の環境が一変し、今度は動物が上陸するための環境が整えられてきます。動物の中で最初に上陸を果たしたのは約4億年前、節足動物の祖先です。彼らの子孫は後にクモ・ムカデ・そして大繁栄を誇る昆虫へと進化してきました。その後、約3億6千万年前に私たちを含む脊椎動物の祖先が上陸を果たします。
生物の上陸には、さまざまな進化のできごとが関係していますが、もっとも基本的な問題は、どのような生物がいつ上陸したのか、ということです。
この問題に分子系統学から取り組み、植物の上陸については明らかになってきました。そして現在、昆虫の上陸について取り組んでいます。
今回のレクチャーでは、これらの取り組みについてお話したいと思います。
シャジクモ類
シャジクモ類
「シャジクモ類」に属するこれらの仲間の中から、陸上植物へつながる系統があらわれました。
  第6回
 日  時 : 2006年12月16日(土) 14:00〜
 場  所 : 1Fコンファレンスルームにて
 講  師 : 吉田昭広 研究員
(チョウのハネの形づくりラボ)GO!
 タイトル : 生物の上陸−植物から動物へ
 内  容 :  チョウのハネの模様(カラーパターン)は、ハネに付着した鱗粉の色によるものです。どんな色の鱗粉が、どのように配置されるかによって模様は形成されています。一方ハネの鱗粉は、この模様とは無関係な規則的配列を取っています。鱗粉の関与する2つのパターン(カラーパターンと配列パターン)を比較しながら、チョウのハネが提起する問題を紹介したいと思います。
ミヤマカラス
ミヤマカラス
ミヤマカラス鱗粉
ミヤマカラス鱗粉
  第7回
 日  時 : 2006年1月20日(土) 14:00〜
 場  所 : 1Fコンファレンスルームにて
 講  師 : 橋本主税 研究員
(脳の形はどうやってできるのかラボ)GO!
 タイトル : 意味そして時間
 内  容 :  「かたちの哲学」の第三段です。前回までに「かたち」について議論をし、その観点から「ゲノム」について考察をいたしました。今回は、「意味とは何か?」そして「時間とは何か?」について考えてみましょう。

比較言語学者ソシュールは、「人間は意味をもったもの、すなわち記号、しか認識することができない」と言いました。そして、何かを考察する時には必ず「意味付け」が必要であると考えました。
では、いったい意味とはどういう概念として捉えたらいいのでしょうか?

現在は、ニュートン物理学でいうところの「絶対時間」のみが時間として認識されています。
しかし、相対性の世界では物事に応じた固有の時間が存在していると考えられるようになってきました。
時間を考えることは非常に難しいのですが、かたちの考え方から時間をどのように考えたらいいのかについて議論をしてみます。

このレクチャーは一方向では面白くありません。既に答えが存在している話でもありませんので、全員が思っていることを考える時間にしたいと希望しています。ちょっと脳みそをフル回転させてみる、そんな時間を楽しみましょう。
  第8回
 日  時 : 2007年3月17日(土) 14:00〜
 場  所 : 1Fコンファレンスルームにて
 講  師 : 中 秀司 研究員
(昆虫と植物の共進化ラボ)GO!
 タイトル : 虫の恋は『香り』ではじまる?
〜性フェロモンと配偶行動
 内  容 :  昆虫は、交尾相手を見つけるために様々な手段を使ってコミュニケーションをはかります。例えば、セミやコオロギは「鳴き声」、ホタルは「光」で相手に自分の存在を知らせます。これら配偶行動のためのコミュニケーション手段のうち、最も広く用いられているのが、嗅覚あるいは味覚を利用したフェロモンによる交信手段です。
 フェロモンは、その用途から「道しるべフェロモン」「警戒フェロモン」など多くの種類に分類されます。今回のレクチャーでは、そのうち配偶行動に関係する「性フェロモン」に注目して、性フェロモンの性質や最近の研究成果、その応用についてお話しします。

ヒメアトスカシバ
性フェロモンを分泌するヒメアトスカシバ。蜂そっくりの蛾です。

Javascriptをオフにしている方はブラウザの「閉じる」ボタンでウインドウを閉じてください。