研究員レクチャー

JT生命誌研究館の研究員が月に1回づつ、現在おこなっている研究について話します。
進行形の研究、そこで考えたこと、苦労話など研究を身近に感じる絶好の場です。
レクチャーの後には、質疑応答の時間をゆっくり取っていますので、研究をより深く知りたい方におすすめです。入場は無料、予約不要。質問歓迎です。お気軽にご参加ください。

次回の研究員レクチャー

日時
2019年4月20日(土)14:00~15:30
場所
JT生命誌研究館 1階カンファレンスルーム
講師
蘇 智慧研究員(DNAから進化を探るラボ)
タイトル
イチジクとイチジクコバチの種分化プロセスを考える
〜最新の研究成果を通して〜
内容
イチジク属植物は亜熱帯・熱帯を中心に世界に約750種分布しています。日本はイチジク属の分布北限にあたり、南西諸島を中心に16種生育しています。唯一の送粉者であるイチジクコバチとの間に、絶対的相利共生関係が構築されています。その共生関係は種特異性が高く、「1種対1種」であると言われています。このような絶対的共生系にある生物は互いに影響を与えながら種分化を繰り返し、進化・多様化してきたと考えられます。しかし、具体的に互いにどのように影響し合うのか、種分化はどのように起こるのか、それについてはまだ不明なことが多いのです。今回は我々の研究成果から得られた新しい知見を通して、絶対共生系における種分化のプロセスとメカニズムを考えてみたいと思います。

研究に用いたイチジク植物とそのコバチおよび採集地

2019年研究員レクチャー予定

01月19日(土) 13:30〜 ふたたび、カエルの形づくりとは?(終了)
橋本 主税研究員(カエルとイモリのかたち作りを探るラボ)
03月16日(土) 14:00〜 レクチャー&体験「チョウの飼い方を体験しよう」(終了)
尾崎 克久研究員(チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ)
04月20日(土) 14:00〜 蘇 智慧研究員(DNAから進化を探るラボ)
07月20日(土) 14:00〜 岩崎 佐和研究員(ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ)
09月21日(土) 14:00〜 宇賀神 篤研究員(チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ)
11月16日(土) 14:00〜 有本 晃一研究員(DNAから進化を探るラボ)
11月17日(日) 14:00〜 秋山-小田康子研究員(ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ)
12月21日(土) 14:00〜 小田 広樹研究員(ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ)

これまでの研究員レクチャー

  • 2019年度
  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
  • 2007年度
  • 2006年度
  • 2005年度
  • 2004年度
  • 2003年度
  • 2002年度

ページの先頭へ