研究員レクチャー

JT生命誌研究館の研究員が月に1回づつ、現在おこなっている研究について話します。
進行形の研究、そこで考えたこと、苦労話など研究を身近に感じる絶好の場です。
レクチャーの後には、質疑応答の時間をゆっくり取っていますので、研究をより深く知りたい方におすすめです。入場は無料、予約不要。質問歓迎です。お気軽にご参加ください。

次回の研究員レクチャー

日時
2018年7月21日(土)14:00〜
場所
JT生命誌研究館 1階カンファレンスルームにて
講師
宇賀神 篤研究員(チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ)
タイトル
小さくても無視できない虫の脳
内容

 昆虫は地球上の様々な環境に適応し、繁栄してきました。彼らも私たちと同様に、好みの異性の居場所を認識したり、食べ物の在り処や危険な場所を学習したりと、頭(もちろん“head”ではなく“brain”の意味です)を使って懸命に生きています。また、餌の場所を覚えて巣の仲間にダンスで伝えたり(ミツバチ)、何千キロも渡りをしたり(オオカバマダラ)とユニークな行動も知られています。
 今回のレクチャーでは、昆虫の行動を司る脳の働きに焦点を当てます。特に、昆虫の中でもとりわけ発達した脳を持つ社会性ハチ類の例を中心に、これまでの私自身の研究の紹介を交えながら話を進めたいと思います。当日は数種類の昆虫の脳(アルコール漬けしたもの)も用意します。「ムシの脳なんて大した働きしてなさそう」と思った方も、是非一度ご覧いただければ幸いです。

(左上)ミツバチの頭部と脳の位置関係、(右上)脳高次中枢「キノコ体」
(左下)ニホンミツバチの対スズメバチ熱殺蜂球、(右下)雌雄モザイクのマルハナバチ

2018年研究員レクチャー予定

01月20日(土) 13:30〜 「生物学を哲学する」(終了
橋本 主税研究員(カエルとイモリのかたち作りを探るラボ
03月17日(土) 14:00〜 レクチャー&ミニコンサート
「知を生むこと、音楽を生むこと ~ クモの発生を見つめて ~」(終了)
講師 西井 夕紀子 (音楽家/作曲家)
   岩崎 佐和(研究員:ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ
04月21日(土) 14:00〜 蘇 智慧研究員(DNAから進化を探るラボ)(終了)
07月21日(土) 14:00〜 宇賀神 篤研究員(チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ
10月20日(土) 14:00〜 有本 晃一研究員(DNAから進化を探るラボ
12月15日(土) 14:00〜 「クモのからだづくり:波が生み出す縞パターン」(仮)
小田 広樹研究員(ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ

これまでの研究員レクチャー

  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
  • 2007年度
  • 2006年度
  • 2005年度
  • 2004年度
  • 2003年度
  • 2002年度

ページの先頭へ