研究員レクチャー

JT生命誌研究館の研究員が月に1回づつ、現在おこなっている研究について話します。
進行形の研究、そこで考えたこと、苦労話など研究を身近に感じる絶好の場です。
レクチャーの後には、質疑応答の時間をゆっくり取っていますので、研究をより深く知りたい方におすすめです。入場は無料、予約不要。質問歓迎です。お気軽にご参加ください。

次回の研究員レクチャー

日時
2018年1月20日(土)13:30〜
場所
JT生命誌研究館 1階カンファレンスルームにて
講師
橋本 主税研究員(カエルとイモリのかたち作りを探るラボ)
タイトル
生物学を哲学する
内容

科学的に考えることとは論理的に考えることと同じだろうと思います。
では、「論理」とは何なのでしょうか?
「意味」とはア・プリオリに存在するものなのでしょうか?
西洋科学と東洋科学はどのように違っているのでしょうか?
普段はあまり考えないことを少しだけ掘り下げて考えてみましょう。

2018年研究員レクチャー予定

01月20日(土) 13:30〜 「生物学を哲学する」
橋本 主税研究員(カエルとイモリのかたち作りを探るラボ
03月17日(土) 14:00〜 レクチャー&ミニコンサート
「知を生むこと、音楽を生むこと ~ クモの発生を見つめて ~」
演奏 西井 夕紀子 (作曲家)
講師 岩崎 佐和研究員(ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ
04月21日(土) 14:00〜 蘇 智慧研究員(DNAから進化を探るラボ
07月21日(土) 14:00〜 宇賀神 篤研究員(チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ
10月20日(土) 14:00〜 有本 晃一研究員(DNAから進化を探るラボ
12月15日(土) 14:00〜 「クモのからだづくり:波が生み出す縞パターン」(仮)
小田 広樹研究員(ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ

これまでの研究員レクチャー

  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
  • 2007年度
  • 2006年度
  • 2005年度
  • 2004年度
  • 2003年度
  • 2002年度

ページの先頭へ