研究員レクチャー

JT生命誌研究館の研究員が月に1回づつ、現在おこなっている研究について話します。
進行形の研究、そこで考えたこと、苦労話など研究を身近に感じる絶好の場です。
レクチャーの後には、質疑応答の時間をゆっくり取っていますので、研究をより深く知りたい方におすすめです。入場は無料、予約不要。質問歓迎です。お気軽にご参加ください。

次回の研究員レクチャー

日時
2017年10月21日(土)14:00〜
場所
JT生命誌研究館 1階カンファレンスルームにて
講師
有本 晃一研究員(DNAから進化を探るラボ)
タイトル
昆虫を研究するということ〜ジャングルから実験室まで〜
内容

 「昆虫の研究」と聞いて、どういった事柄を思い浮かべるでしょうか。新種の発見や農業害虫の防除、マラリアなどの感染症の根絶、養蚕・養蜂といった産業利用、様々だと思います。私が今日まで、そして、おそらくこれからも行なっていくであろう昆虫の研究とは「多様性の解明」です。地球上には数百万種の昆虫が生息していると見積もられていますが、その全容解明には至っていません。私にとっての多様性の解明とは、「何が、どこに、どれぐらいいるのか」、そして、「それらがどのような過程を経て、現在にいたったのか」を紐解き、人類が昆虫の巨大な多様性を把握する未来の礎を作ることなのです。
 昆虫の多様性研究はすごく骨の折れる作業の連続です。ジャングルを訪れ、昆虫を探し回り、観察し、記録をつけ、採集し、標本にし、解剖し、実験をし、解析をして……今回の研究員レクチャーでは、そんな一連の行程を実際の研究例を交えて赤裸々に紹介します。


2017年研究員レクチャー予定

01月21日(土) 13:30〜 「進化の過程で脊椎動物はどのように現れたのか?」(終了
橋本 主税研究員(カエルとイモリのかたち作りを探るラボ
02月18日(土) 14:00〜
16:00
「アゲハチョウの飼い方を体験しよう」(終了
尾崎 克久研究員(チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ
04月15日(土) 14:00〜 蘇 智慧研究員(DNAから進化を探るラボ)(終了
06月17日(土) 14:00〜 尾崎 克久研究員(チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ)(終了
09月16日(土) 14:00〜 岩崎 佐和研究員(ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ)(終了
10月21日(土) 14:00〜 有本 晃一研究員(DNAから進化を探るラボ
11月18日(土) 14:00〜 小田 広樹研究員(ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ

これまでの研究員レクチャー

  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
  • 2007年度
  • 2006年度
  • 2005年度
  • 2004年度
  • 2003年度
  • 2002年度

ページの先頭へ