中村桂子のちょっと一言

館長の中村桂子がその時思うことを書き込みます。月二回のペースで、1995年5月から更新を続けています。

2018年7月2日

2018年6月18日 午前7時58分

中村桂子

6月18日(月)に大阪府北部、つまり高槻市が含まれる地域で最大震度6弱という地震が起き、高槻では寿栄小学校の4年生の女の子が倒れたブロック塀の下敷きになって亡くなるという悲しいことがありました。こんな形で全国に市の名前が伝わることになろうとは思いもしませんでした・・・・・・・・・・。阪神淡路大震災で、関西は地震の少ないところという思い込みは消えたと思います。芦屋出身で、結婚後東京暮らしを始めたお友達が、東京は地震があるからイヤだ、芦屋へ帰りたいと行っていたのは昔話になりました。しかも、有馬 ─ 高槻活断層の存在を知らされたのですから、思いもしなかった・・・・・・・・と言ってはいけないのですが、日常地震のことを考えていたかと言われれば、うなだれるしかありません。生命誌を考える時はいつも自然に向き合うという気持を持っているつもりですが、実際には難しいとつくづく思います。自然って大きくて、思い通りになるものではなくて・・・わかっているつもりでもダメですね。

ところで、地震の際は大勢の方からお見舞いのメールをいただきました。お心にかけていただき本当にありがとうございます。ホームページに書かせていただきましたように、研究館は大きな被害はなくホッとしています。休館日の朝でしたので館内に人がいなかったことも幸いでした。とはいえ、眼に見えない傷はあるかもしれず、次に揺れた時に展示物が落ちることがないとは言えませんので、ていねいに見ていかなければなりません。

小さな生きものを見つめながら大きな自然に向き合う気持を体に沁みこませようと改めて気を引き締めています。

皆さまの応援がどれだけありがたいことかがよくわかりました。これからもよろしくお願いいたします。

みなさんからのご意見生命誌の広場より

大切な命

投稿日:2018.06.20 / ニックネーム:J・H

先日の地震心配いたしましたが、大きな被害もなく平常どおりの開館とのこと安心いたしました。一安心いたしましたところで私も平常どおりのメールを送らせていただきます。

「最初の質問」という絵本の中に

     今日あなたは空をみあげましたか。
     空は遠かったですか。
     近かったですか。
     雲はどんなかたちをしていましたか。
     風はどんな匂いでしたか。・・・・・・・・

とあります。何気ない日常の風景ですが、改めて空の色を、雲の形を、風の匂いを感じると、新鮮な気持ちになり、いろいろなことに気付かされます。
その時ふと、小さな子供たちにも日常の風景の中の生き物に気付き、興味を持ってほしいと思いました。
押し付けるのではなく、遊びながら共感する喜びを親子で味わえる、そんなものがないかしらと考えてみました。
たとえば、「身のまわりの小さな生き物カルタ」です。アリやチョウ、トンボやセミ・・・。市販のものがあるかもしれませんが ”生きている” に着目して命の大切さを感じることが出来るカルタもいいかなと思いました。

ブロックの倒壊で亡くなられた女の子。しかも、小学校のブロック塀なんて悲しすぎます。未来ある子供たちの命が大切にされる社会でありますよう考え続けたいと思っています。


語り合いの続きは「生命誌の広場」へ

中村桂子のちょっと一言バックナンバー

  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年
  • 1998年
  • 催しへ行こう
  • 生命誌の広場

ページの先頭へ