中村桂子のちょっと一言

館長の中村桂子がその時思うことを書き込みます。月二回のペースで、1995年5月から更新を続けています。

2017年3月15日

白衣の秘密

中村桂子

大企業の役員として大活躍した知人の女性、いつも10センチのハイヒールで颯爽としていました。今は、御自身の体験を生かして次世代の女性の育成に努めています。先日、そこで修行中の若い女性が、踵の低い靴をはいていたら叱られたと話してくれました。「仕事に出る時は、いつもいざ出陣の構えが大事。私は10センチのハイヒールに足を通すとシャンとする。そのくらいの気構えでなければよい仕事はできない」と。そうなのでしょう。

私の場合はずっと、歩きやすい靴を選んできました。実は着るものも同じで、スーツは外出着、労働には向きません。夏はTシャツ、冬はセーターが働きやすいので、職場に着くとすぐに着替えます。とはいえ、年齢も高くなり、それなりの役職となれば、来客にセーターでお会いするわけにはいきません。そこでありがたいのが白衣です。どなたがいらしても大丈夫。生命誌が大事にしている普通の人の普通の発想はTシャツとセーターが支えているのだからと自分に言い訳をしながら、今日も白衣の下はセーターです。

ここで思い出しました。いわゆるTシャツは1970年代になってからのもの、1960年代の大学院生の頃にはこういう便利なものがありませんでした。当時の大学はもちろん冷房などなく、夏の暑い時にいっしょうけんめい実験をしていると汗が流れます。そこで、一年上級の女性と対策を考え、秘かに、下着になって白衣を着ようということにしました。これまで内緒にしてきましたが、今の、白衣の下はTシャツかセーターという以上の秘密です。絶対バレていなかったと思いながら、あの暑さをなつかしく思い出しています。

みなさんからのご意見生命誌の広場より

岡田節人著<試験管のなかの生命>

投稿日:2017.02.07 / 名前:岡野桂子

岡田先生へ
訃報に接し”試験管のなかの生命”を手に取りました。最初に読んだのは40年程前になります。以来ずっと記憶に刻み込まれ残っていました。今回、館長の一言で気付いた事があります。私をひきつけていた1つの大きな要因。細胞の不思議に目を見張り、その細胞を見つめ続けてこられた岡田先生の細胞へのひいては生きものへの眼差し。それが伝わってきて私を捉えていたのです。
この本から多くのことを学びました。細胞を通して生きるを見つめる視点。1つの細胞からその場、その場面に応じて最適解を探りながら、多種多様な姿形への変容を遂げる細胞たち。そして作り上げられる1つの個体。一方、1つの個体の中で役割を演じつつもその個体を離れては生きていけない宿命を担うことになる細胞。部分と全体が反転を繰り返す。秩序と体制、自由、協調、軋轢、そして技術の介入etc。いろんなことを考えさせられます。
いつかまたこの本を手にすることと思います。この本を書き残してくださったことに感謝いたします。ありがとうございました。

語り合いの続きは「生命誌の広場」へ

中村桂子のちょっと一言バックナンバー

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年
  • 1998年
  • 催しへ行こう
  • 生命誌の広場

ページの先頭へ