生命誌の広場

生命誌は“生命“を基本に置き、最先端の生命科学の知見に基づき、「生きる」について考えています。このホームページを読んで思ったこと、研究館の活動について、みなで語り合う場を設けました。いろいろな方の考えを出し合ってこれからの生命誌につなげていきたいと思います。あなたの考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

みなさんからのご意見

中村桂子のちょっと一言

「中村桂子館長のちょっと一言」に寄せての感想

投稿日:2017.10.03 ニックネーム:相模のラクダ

貴館には いつも お世話になっており、最先端の「生命誌」を学ばせていただき、感謝致しております。10/2の 中村館長様の「科学が社会の役に立つこと」を拝読し、感じたことを述べたいと思います。
◆まず、おっしゃる通り、「ゲノム」は 世界の人々、平等に持っているもので、アメリカの有名な「雑誌」の表紙を飾る「時の富豪」の方も、また、「アフリカの奥地」の ユニセフの 救援が必要な「貧困で飢えた子供たち」にも 平等にあるはずのものです。なのに、世界の人類は、平等性にかけ、各地で紛争、内戦、都市でも 大事件が起き、「格差社会」が存在し、平等で 平和な社会とは 言えません。◆日本は、ある近国の、科学の結晶である:ミサイルに 危機感と 恐怖を いだき、困っています。◆今年も「ノーベル賞」の 発表が 始まりましたが、ゲノムは 世界の人 皆の共有の根源であり「 格差社会」を修正し、科学は 本当は、「ノーベルの意思」の様に「世界平和」:社会の役に立つために使ってほしい。と、館長と同じ意見を感じています。貴館の益々のご発展を祈ります。世界が平和であります様に!

お返事

投稿日:2017.10.03 名前:中村桂子館長

ゲノムは、一人一人がかけがえのない存在であるという独自性と、皆基本は同じという共通性を示すものなのですが、格差に利用されてしまう危険をもっています。社会が格差の方向にあるとそうなるわけで、ゲノムの側から基本を発信することが大事ですね。

その他

ありがとうございます。

投稿日:2017.10.02 名前:橋本 圭隆

生命誌研究所のみなさん。お元気でしょうか。これから一段と寒くなります。皆さま、充分ご自愛ください。

お返事

投稿日:2017.10.06 名前:表現を通して生きものを考えるセクター 川名

橋本さま

いつも生命誌研究館を応援いただきありがとうございます。
生命誌研究館の前の桜並木の葉も紅が目立つようになってきました。
今は次号季刊誌のカードづくりの真っ只中、みんな元気にはたらいています。

研究について

コノハムシ

投稿日:2017.09.27 名前:N.Yamashina

橋本さま
 (やや旧聞ですが)以前貴誌(ラボ日記)で「…コノハムシという昆虫は、ジュラ紀の地層にもその化石が見られるということですが、実はジュラ紀に広葉樹は存在しないということで…」という記事を拝見しました(2010)が、最近ネットで「4千7百万年前の堆積物から(出た)コノハムシの最古の化石…」という記述を見かけました('The first fossil leaf insect: 47 million years of specialized cryptic morphology and behavior', "PNAS" January 9, 2007)。「ジュラ紀」は、2億300万年前から1億3500万年前までとのこと、「4千7百万年前」とは大分開きがあります。当該文章の主旨は別として、この件に関しての事実はどちらが正しいのでしょうか?

お返事

投稿日:2017.10.06 名前:表現を通して生きものを考えるセクター平川

平素生命誌研究館をご支援いただきましてありがとうございます。
表現セクターの平川からお返事申し上げます。
季刊「生命誌」86号でコノハムシの紙工作を担当いたしました際にご紹介の論文も含めて、コノハムシの進化について考えました。

ご紹介のPNASの論文は、コノハムシ科に属する昆虫の化石の発見の論文で、4千7百万年前の始新世は、昆虫を餌とする現生の鳥類や哺乳類の多くが現れた時代であり、擬態が進化する環境と言えます。そのころに、現生のコノハムシ科の系統が出現していたことは、生きもの進化と環境の関わりを示している面白い発見です。

一方で、ジュラ紀のコノハムシは、コノハムシを含むナナフシ目の昆虫でコノハムシのような葉状の羽を持っている化石の存在からの推測になります。従って、現生のコノハムシの直接の祖先かどうかまでは、わかりません。しかし、ナナフシ目が環境に応じて、葉のような羽をもつ能力を備えていたことが、現在のコノハムシの出現を裏付けていると考えられます。広葉樹のような植物が出現する以前から持っていたその能力を「前適応」と考えます。

化石は全ての生きものについて見つかるわけではなく、現在の生きものとのつながりも、形態などからの推定になりますが、過去の生きものが、どのような環境でどう生きていたかを含めて考えると生きもの進化の面白さが読み取れるかもしれません。

今後とも、生命誌研究館をよろしくお願いいたします。

その他

入院を通しての雑感

投稿日:2017.09.26 ニックネーム:アキオスギ

久しぶりに投稿しました。先日、職場で体調が悪くなり、救急車で地元の赤十字病院へ搬送され、救急病棟に入院しました。検査の結果異常がなく4日間の入院で退院できました。いろいろなことを考えさせられました。その中で、特にお伝えしたいと思ったことが2つあります。1つ目は、救急病棟の看護師はほとんどが20代と思われる若い方々でした。病院の事情は分かりませんが、救急医療の現場は若い看護師の力で維持されていると感じました。若いゆえに経験不足はあると思いますが、様々な患者の病状や性格などに応じて誠実に対応している姿を目の当たりにし、若者に対する信頼感が増し、未来に希望を感じました。2つ目は、入院中で一番うれしかったことです。尿がたまりなかなか出ずに苦しかったのですが、ようやく出たときにいっしょに喜んでくれた看護師さんの笑顔です。私は現在、小学校で支援員をしていますが、もっともっと子供たちを信頼し、笑顔で励ましていこうと思っています。

お返事

投稿日:2017.09.27 名前:中村桂子館長

不順な気候ですので、体が悲鳴をあげますね。異常がないとのことよかったです。でもお大事になさって下さい。おっしゃる通り看護や介護の場で接する若い方は、明るくて、頼りになりますね。こんな時希望がわくのは同じです。一方で希望を絶つようなことをする方たちもいて・・・。誠実に明るく生きている人たちが評価される社会であって欲しいです。

研究について

これからも蝶を追いかけます

投稿日:2017.09.20 ニックネーム:ピッピ

星野さま

こんにちは。
ヒントや資料を紹介していただき、ありがとうございました。ツマグロヒョウモンが羽化後に飛び立つシーンは何度か撮影をしていますが、赤い体液が出ることまでは知らなかったので驚いてしまいました。赤い色は、イヌや猫には見分けがつかないものだ・・ということを、ある生物学の有名な専門家が言われていました。もしそれが本当なら、昆虫に限らずに体色を調べてみたら面白そうですね。

ツマグロヒョウモンは産卵時に、幼虫に適した食草を間違うことがあります。ドラミングして食草を見分ける様子はなく、地面を歩いて産卵場所を探し、食草の上を歩き回る様子が何度も確認できています。
これからもいろいろな視点から、庭に来る生物を観察してみたいと思います。これからの研究所の皆さんの活動を参考にしたいと思います。楽しみにしています。

過去の書き込み

ページの先頭へ