生命誌の広場

生命誌は“生命“を基本に置き、最先端の生命科学の知見に基づき、「生きる」について考えています。このホームページを読んで思ったこと、研究館の活動について、みなで語り合う場を設けました。いろいろな方の考えを出し合ってこれからの生命誌につなげていきたいと思います。あなたの考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

みなさんからのご意見

中村桂子のちょっと一言

曼荼羅と恐竜と

投稿日:2019.05.03 ニックネーム:みかづきも

日曜美術館「京都の大宇宙 東寺」で中村先生が出て来てびっくりしました。空海の曼荼羅の前で、とても興味深いお話でした。(たんなる「曼荼羅」つながりではない!)私は農学部を卒業し、社会人になって通信で美大を卒業した者です。生命誌館の学問に垣根のない活動に共感していて、季刊「生命誌」を楽しんで読ませていただいています。また、恐竜も好きで、今年は恐竜博があります。99号で小林先生と対談されていますが、私は真鍋先生のファンでもあります。「せいめいのれきし」の改訂版監修をされた真鍋先生ともいつか対談してほしいです。

お返事

投稿日:2019.05.07 名前:中村桂子館長

日曜美術館見て下さってありがとうございます。立体曼荼羅は大好きでたくさん学んできましたので勝手な思いを語ってしまいました。受け止めていただけてとても嬉しいです。NHKのおかげで閉館後にゆっくり見られてありがたいことでした。
真鍋先生にはいろいろお世話になっています。今後科博で絵本での「生命の歴史」を企画していらっしゃるのですが、その中に私の「いのちのひろがり」も入れて下さいました。

研究について

生命誌とは

投稿日:2019.04.06 ニックネーム:野菜畑のどんぐり

このところ、思考が少し深化している気がします。人間と人間の関係を中心とする相互作用を人間社会と呼ぶとしたとき、この社会の概念でもって、過去を記したのを歴史と、私たちは呼んでいるのですね.。
ところが、人間は生きものであるにも関わらず、歴史には、人間以外の生きものがほとんど登場しない。これはおかしい。

歴史は、時間軸のものさしで計測して、江戸時代と称したりします。一方、時間軸のものさしは、虫や動物の歩みも、時間軸のものさしで計測できる。生命誌とは、歴史に相当する、人間社会の変化の在り様に、対置すべく、歴を生命に置き換え、史を誌におきかえた概念とも理解していいでしょうか?

もし、そういう理解でよいとすると、環境という概念を(定義付ける)ことがやりやすくなるように思います。環境は、時間軸上で折り重なって現存しているので、「改ざん」ができっこない前提に立てることになるはずですね。

お返事

投稿日:2019.05.07 名前:中村桂子館長

自然と向き合いながらじっくり考える生活、羨ましいです。確かに「歴史」となると人間以外の生きものは登場しませんね。それどころか歴史の教科書は、いわゆる「えらい人」のことばかりで、庶民とくに女性や子どもなどはほとんど登場しません。そこで「史」から「誌」ですべての生きものの物語にしたいと思いました。おっしゃる通りです。生命誌を始めてから、時の流れこそ大事で早く早くは無意味と実感しています。

中村桂子のちょっと一言

自然の中のヒト

投稿日:2019.04.01 ニックネーム:mokukiti

お返事を頂き、有難うございます。
ヒトも自然の一部なのですから、他のすべての命と同じところに立って、自分も自然の一部なんだということを自覚し、何も壊すことなくまぁるくおさまっているのが一番良いと思います。が、残念ながらそうではない部分もあるでしょう,,,,
ヒトも自然の一部なのに、なぜ壊そうとするヒトが現れてくるのか、そうなるようになってそういうヒトが現れてくるというのならば、何のために?その先に答えがあるのか?ギモン、ギモン、ギモーン???なのですが、まずはヒトという生きものの事、他のたくさんの生きものの事をもっと知ることが大切ですね。知識として、感覚として。
またオープンラボに参加して勉強したいと思います。
自然は繊細ではあるけれど寛容でもあるので、はじくという意地悪はしないでしょう。ヒトの側が入り込めて無いだけ、自覚が出来てないだけ。かな?

お返事

投稿日:2019.04.03 名前:中村桂子館長

おっしゃる通り、「残念ながらそうではない部分」がどんどん広がっているのが今なのではないでしょうか。それをあたりまえと思わず、?をもつことが大事ですよね。

中村桂子のちょっと一言

この思いは、実は「怒り」だったかも

投稿日:2019.04.01 ニックネーム:まめ

私にも同じぎもんが・・。「そんなに富を独占しなくっても・・」「武器にそんなにお金つかわなくても、やりだすと際限ないじゃん。やめてくれ!」貧しい国や地域の子どもの教育や社会整備や産業の育成のために回せば、世界の紛争など激減するはずだ。そんな思いもアキラメ気分でしたが、明日からは「怒り」だ!・・静かな、そして持続するように。

お返事

投稿日:2019.04.03 名前:中村桂子館長

本当に心の底から怒りがわいてくるでき事・・・たとえば公人が平気で嘘をつくなど・・・が多いですが、ここは静かに、持続してが大切だと思います。自然に向き合いながらそれを続けるのは、お天道様は見ていらっしゃると思うからです。
怒りは忘れず、でも持続的にを御一緒に。

中村桂子のちょっと一言

見せてやんないよーって

投稿日:2019.03.29 ニックネーム:mokukiti

自然農の畑の中では、たくさんの生き物が絶妙のバランスでその命を育んでいるのを間近に観ることができます。そんなたくさんの命の営みを観ていると、そこには人知では計り知ることのできない秩序や意識、社会や文化があるのではないかという気がしてなりません。それがヒトには「不思議」と写り、「知りたい」と思い、「知ろう」と手を加えていきます。「ヒトが手を加える」ということは即ち「自然の理を壊す」ことになってしまって、結局そこにある本当の姿を見ることが出来ないでいるのではないでしょうか・・・  ヒトよりもずっとずっと前から続いてきている命なのですから、そこには新参者のヒトの目線では見ることのできない素敵で素晴らしい社会があってもおかしくはないのではないかしら? 難しいことは分からないけれど、そんな風に考えた方が楽しいですものね。「壊すヤツには見せてやんないよー」って言われてる?

お返事

投稿日:2019.04.01 名前:中村桂子館長

畑をなさりながら「壊すヤツには見せてやらないよー」と言われていると感じるお気持よくわかります。でも人間も生きものの一つですから、仲間の気持で加われば、生きものたちは喜こんでくれるはず・・・生命誌はそのような状況になることを願って始めました。生命誌絵巻の中の一員として行動すれば新参者をはじくなどという意地悪はしないと思うのです。生きものの社会に入りこんで一緒に楽しむことを願っているのですが・・・ダメでしょうか。

« 前のページへ 1549件中 16 - 20件目 次のページへ »

最新のお返事

2019年06月18日
絵巻の中の人々と私
2019年06月18日
RE:ダマシオと生命誌 
2019年06月11日
ダマシオと生命誌
2019年06月06日
あるまじろ
2019年06月05日
季刊生命誌WEBフォームより

過去の書き込み

ページの先頭へ