生命誌の広場

みなさんからのご意見

季刊生命誌について

「和」をめぐって

投稿日:2017.12.14 名前:岡野桂子

季刊生命誌95号ありがとうございました。普段接することのできない研究やお話に出会え感謝しています。
今年のテーマ「和」。考えさせられること多く思いがあちこち行き来します。そんな中、隠れて見えないもの、陰に隠れているものに目が向かいます。今回、土井さんの清らかな世界を中心に素材との対話を通して繰り広げられる世界、おかげんいかがですか、お陰様で、こちらこそ、お互い様で、そんな会話が聞こえてきます。間合いが整えられ生まれてくるお料理の世界。のどまるを思います。そして、盛りつけた瞬間料理から人間の気配は一切消えなくてはなりません、と。期を同じくして新聞で指揮者秋山和慶さんの、「いい音楽を聴いたね、そういえば誰が振ってたの」と、言いながら帰っていただくのが理想だという記事にであいました。向き合うものは違っても仕事のなさりように共通するものを感じ心打たれました。
さらに、けじめ。とても気になりました。自然から距離を置いて暮らし始めたヒト。自然の中で自然に解消されてきた「ケ」を自らで解消するしかなくなった。そもそも自然には「ケ」などなかった・・・。
取り留めなくいろいろ思いながら暮もせまりました。今年は身の回りの物や居場所を守ってくれた家に、いつもほったらかしでごめんなさい。お陰様で今年も無事過ごせましたと報告しながらお掃除しましょう。掃除機君他お掃除道具のみんなよろしく。少しはすがすがしい気分でお正月を迎えられたらと思っています。
1年、ありがとうございました。みなさまよいお年お迎えくださいますよう、来年もよろしくお願いします。

お返事

投稿日:2017.12.15 名前:中村桂子館長

これまで一つの動詞で続けてきましたのに、今年は私の頭から「和」という文字が離れず、「和」─なごむ、やわらぐ、のどまる、あえるとしました。「和」が離れなかったのはまず「平和」であり、そして「日本」です。今年はこれをとことん考えさせられた年でした。両方共なんだか危ない方へ、危ない方へと動いているようで「和」は来年も考え続けなければならないと思います。
土井さんとは波長が合いましたね。生命誌を日常とつなげて考えることはとても大切で今回はそれが思いきりできて楽しい話し合いでした。
投稿ありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。

BRH cards 95(冬)号

投稿日:2017.12.10 ニックネーム:湯どうふ

中村館長、スッタフ一同 様
本当に 寒くなってきて、BRH cards 95(冬)号が 届きました。「和」で 過ごした 今年も、あと わずかになりましたね。この1年、色々な 事件等が ありましたが、悪いことは、忘れましょう!BRH cardsは、まず一通り、読んだ後、4作目の「紙工作」を作り上げました。4つの 作品を並べると「壮観」です! cards 企画の 皆様に感謝します。 冬号の、土井 善晴 氏:「おいしいもの研究所代表」との、TALK は、世界遺産 「和食」の 美味しさ と、対談の 雰囲気も 伝わってきました。館長は、アーカイブ「動詞で考える生命誌」でも、多数の 異分野の方々と、対談されておられ、羨ましい思いです。リサーチの 内容も、興味深くて良かったです。では、来年が、良い年でありますように!

お返事

投稿日:2017.12.22 名前:中村桂子館長

ありがとうございます。土井さんの研究所では本当に美味しいお食事(カードにも書きましたが、奥様の手づくりです)をしながらのお話で、味はカードでは届けられないと残念に思いました。羨ましいとおっしゃられると申し訳ない・・・すてきな方とお会いできるのは幸せです。この幸せをカードで少しでも共有していただきたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。今年の「生命の樹」はスタッフの努力でBRHならではのものになったと自負しています。ちょっと自慢するのをお許し下さい。

生命誌の樹 脊椎動物完成

投稿日:2017.10.15 ニックネーム:モトイケ

紙工作第3回脊椎動物が完成しました。第1回から第3回目まで並べてみると、カンブリア大爆発で動植物が一斉に現れたのが良くわかります。
作ってみて立体的に眺めることで、よく理解できることが分かりました。
途中で間違えて組みなおしたこともたびたびでしたが、完成すると疲れも吹っ飛んで爽快な気持ちになりました。ありがとうございました。

お返事

投稿日:2017.10.17 名前:中村桂子館長

紙工作についての「作るのはちょっと大変ですができ上ったものからいろいろなことが見えてくる喜こびがその大変さに勝る」というメッセージ。私たちが願ったことをそのまま受け止めて下さっているのでとても嬉しくなりました。ゲノム解析が進み生命誌が具体的な形で見えてきていることがとてもよくわかります。データを集め具体像を作る中心作業をしている平川は時々悲鳴をあげていますがBRHでなければできないものをつくる気持で続けています。最後も楽しみにして下さい。

生命誌の樹

投稿日:2017.09.13 名前:山科登

「生命誌の樹」、手間はかかりましたがその分楽しく勉強させて頂きました。大先生もご存じなかったという(?)「分岐」が、視覚的に、文字通り立体的に理解できた(ような気がします)。私らのようにエンゲルスの『自然弁証法』から進化論に入って、「発展段階論」で固まってしまった石頭には、目が開かれた思いです。
 これを企画・制作された方々に感謝と敬意を表したいと思います。
 ありがとうございました。

お返事

投稿日:2017.09.15 名前:中村桂子館長

とても高く評価して下さってありがとうございます。
中心になって進めている平川美夏が徹底的にデータを調べ、新しい知見を入れて提案してくると、私たちもびっくり。作る側にいる者の特権で最初に楽しませてもらっています。ゲノム解析からのデータは日々出てきますので、「生命誌の樹」も決して不動のものではありません。今、わかっているところから見えてくるものを探り続けていきます。

BRH CARD 94号

投稿日:2017.09.07 ニックネーム:相模のラクダ

まず、1ページ目の中村館長様からのお手紙にありました様に、今年の夏は、各地で豪雨となり被害も出て心痛みました。さて、94号の内容ですが、最初の館長と大栗博司カリフォルニア工科大学教授との対談では、超弦理論の9次元も、どこかで生命(誌)の一部に繋がっている様な気持ちになりました。特に、多次元では「ゲノム」も次元数が多いというのも驚きました。次に、江口吾朗名誉教授の「イモリの眼のレンズ再生」のご研究は、退官されても、家の水槽でこの研究を続けられ、レンズは18回以上も再生し、尾や足より再生力があり、現代の「ips細胞の発見」につながる源流を創られたのが驚きです。そして、他のリサーチやNEWSも興味深い優れた内容でした。毎号楽しみで、貴研究館のご発展を願ってます。

お返事

投稿日:2017.09.08 名前:中村桂子館長

季刊誌の感想ありがとうございます。
つくっている者としては、このような反応をいただくのが一番嬉しいことです。もちろん疑問なども含めて、これからも感想をお願いいたします。また、この場をお借りして他の方にも「ちょっと一言」書き込んで下さるようお願いいたします。

159件中 1 - 5件目 次のページへ »

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

過去の書き込み

ページの先頭へ