生命誌の広場

みなさんからのご意見

中村桂子のちょっと一言

空中庭園の記事

投稿日:2018.04.16 ニックネーム:ほのま

いつも心に沁みるお話しを有難うございます。以前伺いました38度線上の空中庭園のお話は、もっとも政治的であり、悲惨な状況であるにもかかわらず、だからこそ、人が踏み入れないので素晴らしい生態系となっていること、それを活かす道を考えられた方がおいでになることに心が揺さぶられました。チロリン様のお陰で、記事をご紹介頂き感謝しています。
しなやかな智慧を持ちたいと思いました。有難うございました。

お返事

投稿日:2018.04.17 名前:中村桂子館長

空中庭園に関心を持っていただいてありがとうございます。崔さんも焦らずにコツコツとやろうねと言っていますので、見守って下さい。4月18日夜に始まるNHKラジオ深夜便で4月19日の1時頃、「私じまい」というコーナーでお話をします(前半は先週すんでしまいました)。いつもと変らぬ話ですが。

怖い嘘

投稿日:2018.04.02 ニックネーム:チロリン

子供の頃の他愛ない作り話は微笑ましいものですが、昨今の責任ある立場の方々の嘘と思われる発言には情けなくて見ているこちらの方が
辛くなります、国民はすぐ忘れると思われている様ですが忘れない様にせねばと思います。
昨日のお集まりでお話下さった38度線の話とても関心があります。
機会があったらこの場でアップして頂きたいです、自然の素晴らしさと地雷の怖さなど大勢の方に知って貰いたいです。

お返事

投稿日:2018.04.06 名前:中村桂子館長

PDFファイル

いつもありがとうございます。
今年は桜が急に開き人間たちを慌てさせましたが、自然は嘘をつかず、冬の間からの気温の変化などに忠実に動いているのでしょうね。桜の気持の理解が難しく4月7日と8日の休日を「さくらまつり」ときめてしまった我が街はどうするのかしらと気がかりです。
38度線の話、関心を持っていただきありがとうございます。お言葉に甘えて以前新聞に書いた記事を貼付しますので、お読み下さるとありがたく存じます。

生き物は美しくないの?

投稿日:2018.03.25 ニックネーム:ミッキー

3月1日掲載の、「大学生の学問へのイメージ調査」について感想を書かせていただきます。
 調査は、美しさや楽しさなどを尺度にしていろんな学問を比較していました。しかし“宇宙(天文学)は美しい”と評価する中で、生物学(生き物)が含まれていないのは心外です。おかしいと思います。
 私は生き物の体の中のしくみは素晴らしいと思いますし、1つの細胞の中には驚くべき世界が広がっていると思います。何故そんな巧妙な仕組みが出来上がったのか?と考えると、不思議な気持ちになります。その奥にあるものに美しささえ感じます。
 以前、NHKスペシャルでとても面白いと思った「驚異の小宇宙−人体」というシリーズがありました。まさに、生き物の体の中には“小さな宇宙”が広がっていると思います。宇宙も美しいけど、生き物も美しいですよ!と言いたい気持ちになりました。

お返事

投稿日:2018.03.28 名前:中村桂子館長

天文だけでなく生きものも美しいという受けとめ方をなさるお気持その通りだと思います。ただ私が今回申し上げたかったのは美しい、美しくないより前の問題で、そもそも学問の中に生物学が入っていなかったということです。生物学を生命科学とし、それを医学の中に組み込んでしまうという知への向き合い方に呆れています。

人を育てる

投稿日:2018.03.11 ニックネーム:竹ちゃん

今年は、小学校の卒業式に桜が咲きそうです。

中村館長さんのお手紙に大喜びしたとのことです。
担任から、その手紙と子どもたちの感想文(清書)のコピーが届きました。
館長さんとしての多忙な毎日にもかかわたず、ありがとうございました。

子どもたちは、信頼できる大人に出会えた喜びを感じていることでしょう。
担任も、その手紙を読んで教師としてのありようを学んだといいます。
それは、話しかけるような口調でその子のよさを書こうという、中村館長さんの眼差しを感じたからだといいます。
小学校は、人としての生き方の根を育む場です。
「生き物はつながりの中に」には、そのヒントがたくさんあります。
また、今回の取り組みを通して生命誌研究を始められた中村館長さんの生き方を学ぶ機会にもなったようです。
今回のことで若い担任が小学校教師として育っていくことに、私の期待も膨らんでいます。

子どもたちの清書を改めて読んでみました。
10人とも、題名が違っていました。
また、その子なりに考えを深めて自分の感想を素直に書いています。
これは、担任の日頃の指導の賜です。
こういう学級に出会うと、出前授業の醍醐味が味わえます。
今回の授業で「生き物はつながりの中に」は、12回になります。
これまでに250人程度と学習してことになります。
今回は10名の学級でしたが、「生物学者になりたい子」「自分がちっぽけな存在だと思った子」に出会え、老いの身に活力が生れました。

中村館長さんのご健康と生命誌研究の進展を期待し、お礼の言葉とします。

お返事

投稿日:2018.03.13 名前:中村桂子館長

こちらこそありがとうございました。小さな学校では人間が育っていくのを応援する本当の教育(Education)が行なえることを実感できます。一人一人がとてもよく考えていました。競争ばかりの中ではそんな時間が持ちにくいのではないでしょうか。
これからもよろしくお願いいたします。

アニミズムと俳句

投稿日:2018.03.09 名前:伊藤 道郎

百号おめでとうございます。いつも壮大な宇宙、地球、生命のドラマを分かりやすく解説されていて、楽しく読ませて頂いてております。私は俳句をやっておりますが、先日亡くなった師の金子兜太は俳句の基本にアニミズムが大事なんだよと常々申しておりました。「生命誌」を拝読すると色々な図や解説でアニミズムがよく分かります。私の大切な創作元帳?です。また中村館長の「和」「容」などの文字から地球の大切な風を感じます。今後ますますの発展を祈念しております。

お返事

投稿日:2018.03.13 名前:中村桂子館長

メッセージありがとうございます。私は俳句は作りませんが、読むのは大好きです。金子兜太先生とは、鶴見和子さんの会でいつも同じ卓を囲み、お話を伺うのを楽しんできました。どこか共通項がありますね。時々メッセージを書き込んで下さいますようこれからもよろしくお願いいたします。

690件中 1 - 5件目 次のページへ »

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

最新のお返事

2018年04月18日
キアゲハ
2018年04月17日
空中庭園の記事
2018年04月06日
怖い嘘
2018年04月06日
アンケートによせて
2018年03月28日
生き物は美しくないの?

最新のお意見

2018年04月18日
キアゲハ
2018年04月16日
空中庭園の記事
2018年04月02日
怖い嘘
2018年03月31日
アンケートによせて
2018年03月25日
生き物は美しくないの?

過去の書き込み

ページの先頭へ