生命誌の広場

みなさんからのご意見

中村桂子のちょっと一言

争いの原因を探る

投稿日:2018.05.19 ニックネーム:ユリア


サイエンズ研究所から、最近「次の社会ー人知革命」を出版したい知らせです。一部、紹介します。
争いの原因
「人が人を動かそうとする」「やらせる、やらせない」「強制と束縛」人は、誰でも、じぶんの意志に反して行うことを好まない。動物の性質と同じ。
争いになるのは、争いたくないが、相手が押し込んできたら、自分の立場がなくなるので、やむなく自分を主張し、護ろうとする。
国と国の争い、民族と民族、宗教の争い、目に映る世界は、じぶんの身を護るためでほとんど動いているように見える。
身近では、夫婦、周囲の人の間柄、それも、言動に現れてこないことでも、内面世界では「人は何をするか分からない、危険な存在という、人を危険視する」認識、人間にたいする捉えかたが、なんの疑問も起こらず、当たり前化している。
ここのところ、そういう人と人の間がらについて、焦点をあててきてきたけど、日常のささいな心の動きにもはびこっていると思った。社会のなかに、自分のなかに。
「人が人を危険視するのは異常だ」
これは、本来の人と人の間、一人で生きているわけでなく、
お互いの切っても切れないつながりにあることを知ったら、
わけなく、争いの原因が解決するとおもった。
ただし、目の前の現れは、「やらせる、やらせない」「大事なことだからやらなければならない」「しつけは必要ようだ」・・・など、相手を縛り、自分も内面で抑えるような、ふつうでない認識が人びとの間で根付いていて、それに気づくのは容易でない。
ここを解いていくのがサイエンズであり、サイエンズメソッドであり、一人ではなく、有志の人とともに観察し合うことが欠かせないだろうなあと思った。一つの視点として。

お返事

投稿日:2018.05.22 名前:中村桂子館長

小学校六年生の国語に「生きものはつながりの中に」という文を書いてきました。それへの子どもたちの反応から、つながりを知ることの大切さを感じています。

ふつうのおばーさん

投稿日:2018.05.19 ニックネーム:チロリン

蟻や蝶など小さい生き物を観察してらした画家熊谷守一の自伝映画「モリのいる場所」が上映されています、テレビの予告で銀色に輝く蟻の行進を観ると非情な私でも流石に踏みつける事はできません。
今春は熊や猪が里に出没して問題になりました、怪我をされたり農作物の被害にあわれた方には本当にお気の毒に思います。
ろくな食料もなく日本がもっと貧しかった戦中、戦後にはむしろ上手く共存していたのにと思い、大小をとわず動物たちには行き難い時代になってしまった事と思っています。
「ふつうの女の子」出版楽しみです、普通のおばーさんですので。

お返事

投稿日:2018.05.22 名前:中村桂子館長

山崎務さんが熊谷守一になりきっていると評判ですね。小さな生きものに眼を向けると御自宅の庭だけで充分に自然と向き合えるということを実践なさったので、生命誌のお手本のような方です。「ふつうのおんなの子」。少しづつ進んでいます。

当たり前の幸せ

投稿日:2018.05.02 ニックネーム:チロリン

小さなアリさんにもご馳走を振る舞われてさすがです、私なら潰してしまいますのに。 小さな生き物の事も楽しみにしています。
「空中庭園」の事をお聞きしてひと月も経たない時に南北両首脳が軍事境界線を越えてビックリです、間もなくアメリカとも会談が行われるのでしょう、安倍さんも米、韓両国にお願いしている様ですが結果は出るのでしょうか。
核、ミサイルも勿論ですが一番の気がかりは拉致の事です、13歳て拉致されたMさんの母上と同い年(82)という事もあるかも知れません。 家族が一緒に暮らせる当たり前の事が今からでも叶いますようにと願っております。

お返事

投稿日:2018.05.02 名前:中村桂子館長

いつも書き込みありがとうございます。励みになります。
北朝鮮の金正恩さん(最近人が変わったようによい笑顔をなさるので、ついさんと書いてしまいました)の変化の背後にはさまざまな事情があるのでしょうが、とにかく平和の方向に動き、一つの民族の間の異常な境界が消えていくのはすばらしいことです。空中庭園の実現までにはまださまざまな課題がありますが、少なくとも先が見えてきたことは嬉しいです。

空中庭園の記事

投稿日:2018.04.16 ニックネーム:ほのま

いつも心に沁みるお話しを有難うございます。以前伺いました38度線上の空中庭園のお話は、もっとも政治的であり、悲惨な状況であるにもかかわらず、だからこそ、人が踏み入れないので素晴らしい生態系となっていること、それを活かす道を考えられた方がおいでになることに心が揺さぶられました。チロリン様のお陰で、記事をご紹介頂き感謝しています。
しなやかな智慧を持ちたいと思いました。有難うございました。

お返事

投稿日:2018.04.17 名前:中村桂子館長

空中庭園に関心を持っていただいてありがとうございます。崔さんも焦らずにコツコツとやろうねと言っていますので、見守って下さい。4月18日夜に始まるNHKラジオ深夜便で4月19日の1時頃、「私じまい」というコーナーでお話をします(前半は先週すんでしまいました)。いつもと変らぬ話ですが。

怖い嘘

投稿日:2018.04.02 ニックネーム:チロリン

子供の頃の他愛ない作り話は微笑ましいものですが、昨今の責任ある立場の方々の嘘と思われる発言には情けなくて見ているこちらの方が
辛くなります、国民はすぐ忘れると思われている様ですが忘れない様にせねばと思います。
昨日のお集まりでお話下さった38度線の話とても関心があります。
機会があったらこの場でアップして頂きたいです、自然の素晴らしさと地雷の怖さなど大勢の方に知って貰いたいです。

お返事

投稿日:2018.04.06 名前:中村桂子館長

PDFファイル

いつもありがとうございます。
今年は桜が急に開き人間たちを慌てさせましたが、自然は嘘をつかず、冬の間からの気温の変化などに忠実に動いているのでしょうね。桜の気持の理解が難しく4月7日と8日の休日を「さくらまつり」ときめてしまった我が街はどうするのかしらと気がかりです。
38度線の話、関心を持っていただきありがとうございます。お言葉に甘えて以前新聞に書いた記事を貼付しますので、お読み下さるとありがたく存じます。

693件中 1 - 5件目 次のページへ »

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

過去の書き込み

ページの先頭へ