生命誌の広場

みなさんからのご意見

中村桂子のちょっと一言

BRHメールマガジン vol.361 新着情報

投稿日:2019.08.07 ニックネーム:相模のラクダ

暦の上では もう「立秋」。でも、まだ酷暑なので『残暑お見舞い申し上げます』

1:地球上の生物の「覇権争い」:地球は、人類の物ではありません。しっかり下記の様な対応が必要と思います。2:館長も「宇宙好き」だったのですね!「ブラックホール」の画像化は、世界規模で各国の「電波望遠鏡」の協力を得て、多量のデータの協働収集と、最後の「画像(写真ソフト化)」に各国が努力して、綺麗な画像化ができ、プレス発表のゴールまで長期戦でした。人類史上大きな成果です。◆3:【屋久島で新種の「ゾウムシ」発見】先日8月6日(火)の新聞に、屋久島の「自然遺産」登録地域で、新種の「ゾウムシ:写真付」が、東京農業大学農学部の小島弘昭教授らの調査チームが発見されたそうです。命名は調査を拡大し、共同調査する:養老孟子・東京大学名誉教授と共に学名を付け、日本甲虫学会で正式に発表する予定だそうです。▲まだまだ、地球上には、発見されてない多種多様な「生き物」が存在し、地球史上 発見されてない「種」も多数あり、発見されるのを待っている?のかと思うと、(発見されたくないかも・・・)少し複雑な気持ちになります。過去、数億年の「地球環境の変化」に追従でき、DNAを変化させてきた「生物」だけが、今まで進化し 生き残ってきたのでしょうね! ◆発見された「ゾウムシ」の体長は8~10mm。黄金色と金緑色の鱗片でおおわれ、黒いまだら模様が特長で、羽が退化して飛べないため、生息の範囲がとても狭い固有種とみられています。まだまだ、関連の新種が発見される可能性もあるそうです。●でも、昆虫図鑑に新たに仲間入りできるのは、子供や 研究者目線では、嬉しい発見では あることでしょうね! ●また、多様性ある「生き物」が、進化できる、地球環境を改善していくことを、人類の使命であると思います。■■話は、変わりますが 先日の金曜日(8/2)? 私は、御研究館の40分圏内にいました。●せっかく訪問できる「チャンス」と思い、貴研究館の代表の電話番号に公衆電話から電話をかけて、中村館長が おられるかを確認しました。(理由は、御館の売店で 館長の図書を購入して、それに記念の「サイン」をしてほしくて・・・)▲しかし、諸業務の段取りが悪くて、訪問できずに帰ってきました。◆次回は、しっかり訪問の計画を立て、時間の余裕を持って御研究館を訪問したいです。その際は、館長様:サインを宜しくお願いします。では、皆様 まだまだ、暑い日が続くみたいなので、体調を壊さない様、ご自愛を・・・。

お返事

投稿日:2019.08.09 名前:中村桂子館長

お近くまでいらして下さったとのこと、次の機会には是非お出下さいますようにと願います。研究館の活動を知っていただくには、やはりいらしていただくのが一番ですので。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

過去の書き込み

ページの先頭へ