生命誌の広場

みなさんからのご意見

中村桂子のちょっと一言

一粒の麦も

投稿日:2018.02.08 ニックネーム:竹ちゃん

中村館長さんの教材文「生き物はつながりの中に」光村6年の出前授業を1月の最終週の3日間で5時間行いました。6年生は10名小規模校です。当日は、インフルエンザで2名欠席でした。
この教材での授業は4年ぶりです。前は6月頃の教材でしたが、今回は、卒業を前にしての最後の単元の一つになっていました。他は谷川修太郎さんの詩「生きる」とドナルド=キーンさんの「かなえられた願いー日本人になること」です。非常に格調の高い単元構成になっています。前の教科書では、時期が早く、理科の人体の学習が済んでいなかったのですが、今回は、消化・吸収、食物連鎖などについても知識がありましたのでより楽しいものになりました。
今回は、次の3点について報告
Ⅰ 詳しく読みたい段落2つ
 ①「生命の歴史」全員、②「自分の一部」と「一つの個体」に割れた。
Ⅱ この話は「私たち生き物はつながりの中にあるんだなあ。」ということになった。
Ⅲ 授業後の一言感想とお礼の言葉の中に
 「この話は読めば読むほど発見がある。」
 「国語の授業は、奥が深いなあ。」
 があった。 
この授業後に、吉野源三郎・羽賀翔一の「君達はどう生きるのか」を学級に贈りました。自分を振り返る子供たちの感想文を読んで、その気になりました。
中村先生に担任から感想が送られると思っています。欠席の子にも書かせたいという話でした。素直な子供たちの感想をお楽しみください。

お返事

投稿日:2018.02.09 名前:中村桂子館長

いつもありがとうございます。「生きものはつながりの中に」は、私にとっても子どもたちとの思い出の多い大事なものになっています。とくに小さな学校からはたくさんお手紙がきました。小さな学校のよさを感じます。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

過去の書き込み

ページの先頭へ