生命誌の広場

生命誌は“生命“を基本に置き、最先端の生命科学の知見に基づき、「生きる」について考えています。このホームページを読んで思ったこと、研究館の活動について、みなで語り合う場を設けました。いろいろな方の考えを出し合ってこれからの生命誌につなげていきたいと思います。あなたの考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

みなさんからのご意見

その他

御礼

投稿日:2017.02.14 ニックネーム:leon94

お返事を頂き恐縮しております。有難うございます。
HPで予告編を拝見いたしました。多摩センターで実際に拝見させていただきたいという気持ちが強くなりましたが、残念ながら25,26日、私は大阪に参ります。(何とか大阪行きを一週間ずらすことができないか頑張ってみましたができませんでした。)東京にはご滞在なさらないのでしょうか。すぐにお帰りになるのでしょうか。本当に残念でたまりません。
東京にも大阪のような生命誌館ができましたら、(東北にも九州にも全国にできるといいと思います。)何かお手伝いさせていただきたいと、夢がどんどん膨らみ続けています。
これからHPを気をつけて拝読し、東京でのイベントを外すことのないようにしたいと存じます。今回はお手数をおかけ致しました。これからもどうぞ宜しくご指導下さい。

お返事

投稿日:2017.02.16 名前:中村桂子館長

残念ですがまたの機会もあると思いますので、ホームページを見て下さい。こちらこそこれからもよろしくお願いいたします。

その他

子供達に

投稿日:2017.02.13 ニックネーム:leon94

今朝、お便りさせていただきましたその続きになります。(『とにかく考え、提案していくことが大事です。』という中村館長のお言葉に甘えまして僭越にもまたお便りを差し上げます事をお許しください。)
 NHKカルチャーラジオのテキスト『まど・みちおの詩で生命誌をよむ』に書かれている動物園のゾウの話(ご飯を貰いたくて芸をするゾウ)や、図書館で借りて参りました『科学者の目、科学の芽』の中で、佐藤正典先生がお書きになった文章『生命を育む大地をこんなにつぶしても何の恐れも感じず・・・必死に道路を横断しようとするアカテガニの親子を平気で踏みつけながら、エアコンの効いた自家用車で快適なドライブを楽しむ人々。そんな人ばかりの社会にどんな未来があるでしょうか。』など、多くの言葉の前で私はひたすら降参して目をふせております。そして、これらの素晴らしいメッセージを何とかして子供達に伝えていきたいという気持ちが膨らみます。小学校を回ってこの『まど・みちおの詩で生命誌をよむ』に書かれいているメッセージを伝えていくプロジェクトが立ち上がれば、そして全国の小学生に伝えていければ、どんなに素敵でしょう。
先ほどから『知の発見』を拝読し始めました。まだ最初の方ですが、沢山のページに付箋を貼っております。何度も読み返したいからです。
本当に子供たちにこそ考えてもらいたいメッセージが散りばめられております。少しでもこの地球上で、私たち人間が、豊かな自然と共に、人間以外の生き物たちを尊敬し、彼らから多いに学び、そして譲り合い、助け合いながら、彼らと共に、自然と共に生きていけますよう、今、子供達と共に考えていければ、とそのように思います。

その他

勝手し放題の人間

投稿日:2017.02.13 ニックネーム:leon94

NHKカルチャーラジオを聴いていた時、私は動作がストップして脳の中の鐘が響き渡ったように感じました。中村先生の思いが脳から身体に沁みわたって参りました。私がうつうつと言葉にできずにお腹にためこんでいた思いを、中村先生が見事に言葉に表現してくださり、とても親しみの籠った優しいお声で語りかけてくださっているように感じてスーッと心が開かれるように感じました。常識がなく知識もないただの主婦の私は初めて中村先生のことを知り、カルチャーラジをのテキストを購入し、図書館に走り先生のお書きになられた本を複数借りて参りました。ああ、本当にそうです。人間はいつも勝手な事ばかり。動物園のぞうのことはあまりに酷く、それでも知らないまま、知ろうとしないままに同じような愚行を重ねているのが私たち人間で、通りを歩きながら排気ガスに汚れ、おどおどと逃げ回る鳩に謝り、1月中旬から咲き始めた河津桜を見ながら暗い気持ちで北極に暮らすシロクマやセイウチのことを考えてまた謝って、謝って、謝って、でも、そんなの、綺麗事をいっているだけじゃないか、自分は蚊帳の外にいて呑気に言いたい事を言って勝手な事をする人間のひとりじゃないか、そうじゃなくて、何か行動しろ、動け!と自分を情けなく思っている何もしようとしない愚図で怠惰な人間です。
中村先生にお目にかかれる機会はございますか? 講演等で東京にいらっしゃる御予定はございませんか。25日にボランティア活動のため大阪に参ります、26日、帰る前に生命誌館にいこうと思いましたら残念ながら日曜日は休館日だということで、また機会を作り見学させていただくつもりでおります。

お返事

投稿日:2017.02.14 名前:中村桂子館長

カルチャーラジオをお聴き下さり、私の思いをそのまま受け止めて下さってありがとうございます。心からお礼を申し上げます。確かに一人の力では何もできませんが、生きものとしての思いを持つ人がふえれば社会は変わるのではないでしょうか。仲間をふやして下さい。実は2月25日の午後3時から多摩センターで生命誌研究館の活動を描いた映画「水と風と生きものと」を上映し、その後私が少しお話をするという会があります。このホームページにお知らせが書いてあります。お調べ下さってもおわかりにならなかったらまたこの欄に書き込んで下されば詳細をお知らせします。是非いらして下さい。

中村桂子のちょっと一言

岡田節人著<試験管のなかの生命>

投稿日:2017.02.07 名前:岡野桂子

岡田先生へ
訃報に接し”試験管のなかの生命”を手に取りました。最初に読んだのは40年程前になります。以来ずっと記憶に刻み込まれ残っていました。今回、館長の一言で気付いた事があります。私をひきつけていた1つの大きな要因。細胞の不思議に目を見張り、その細胞を見つめ続けてこられた岡田先生の細胞へのひいては生きものへの眼差し。それが伝わってきて私を捉えていたのです。
この本から多くのことを学びました。細胞を通して生きるを見つめる視点。1つの細胞からその場、その場面に応じて最適解を探りながら、多種多様な姿形への変容を遂げる細胞たち。そして作り上げられる1つの個体。一方、1つの個体の中で役割を演じつつもその個体を離れては生きていけない宿命を担うことになる細胞。部分と全体が反転を繰り返す。秩序と体制、自由、協調、軋轢、そして技術の介入etc。いろんなことを考えさせられます。
いつかまたこの本を手にすることと思います。この本を書き残してくださったことに感謝いたします。ありがとうございました。

お返事

投稿日:2017.02.14 名前:中村桂子館長

科学は進歩をするので科学書は古くなるという宿命を負っているところがあります。けれどもその中に決して古くならない名著があります。「試験管の中の生命」はまさにそのような一冊です。おっしゃる通り岡田先生がその中で躍動していらっしゃるからです。これからも愛読して下さるとのこと、とても嬉しいです。

中村桂子のちょっと一言

カルチャーラジオを聴きました。

投稿日:2017.01.08 ニックネーム:竹ちゃん

NHKカルチャーラジオ「まど・みちおの詩で生命誌をよむ」を聴きました。
テキストを読んでおりましたので、わくわくしていました。
期待していた通りでした。
まどさんの詩を通して生命誌の世界をお話されることは、素敵な発想だと思います。それは、生命誌の本質を多くの方に伝えようという中村館長さんの思いが、まどさんの詩を通して具体的にイメージできるからです。書かれた文章と違って音声を通すことで直に伝わることがあるなと、感じました。カルチャーセンターで聴講されておられる方は、表情や身振り、映像資料からもより深い共鳴につながっているのではないでしょうか。
中村館長さんの話し方からお母さん方に聴いて欲しいとの願いを感じ取りました。小学校を退職した私は、小学校教員にも聴いて欲しいなという思いに駆られました。
38億年のいのちのつながりをもつもの同士として生きていきたい、という願いが広がるようにと、これから先の放送も楽しみにしています。

お返事

投稿日:2017.01.10 名前:中村桂子館長

ありがとうございます。ラジオを意識して映像はまったく使わないことにしましたので、いつも館でお話している時とは違う難しさがありました。でも「まどさん」が伝われば嬉しいです。よろしくお願いいたします。

1287件中 1 - 5件目 次のページへ »

最新のお意見

2017年02月14日
御礼
2017年02月13日
子供達に
2017年02月13日
勝手し放題の人間
2017年02月07日
岡田節人著<試験管のなかの生命>
2017年01月08日
カルチャーラジオを聴きました。

過去の書き込み

ページの先頭へ