生命誌の広場

生命誌は“生命“を基本に置き、最先端の生命科学の知見に基づき、「生きる」について考えています。このホームページを読んで思ったこと、研究館の活動について、みなで語り合う場を設けました。いろいろな方の考えを出し合ってこれからの生命誌につなげていきたいと思います。あなたの考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

みなさんからのご意見

中村桂子のちょっと一言

RE:一体感

投稿日:2018.06.13 ニックネーム:ミッキー

昨日、ある大学の人工光合成研究の進捗を聞きました。文科省の支援プログラムでもあるらしいです。エネルギー危機対応のために重要な研究であるのは納得しますが、その中でポロっと出てきた話が驚きでした。原子炉廃炉処理の責任の所在は、400年間は企業が持ち、その後1万年は政府が持つらしいです。耳を疑いました。完全な責任逃れです。ひどい。

お返事

投稿日:2018.06.14 名前:中村桂子館長

エネルギーの問題は、面倒なことがたくさんありますね。人工光合成ができると本当にありがたいですが、一方で自然に行なわれている光合成を大切にする暮らし方を考えることも大切ではないかと思っています。森や林や畑や田んぼ・・・これらを上手に生かして暮らすというあたりまえのことですけれど。

中村桂子のちょっと一言

“自然との一体感”日常で感じたい

投稿日:2018.06.10 ニックネーム:ミッキー

(長くてすみません)
中村館長のご公演で紹介された「知の構築とその呪縛」を読みました。科学の進歩の過程で失われたものがあり、当たり前と思っていたことが常識という呪縛であったことを知りました。どうしたら自然との一体感を自分が実感できるようになるのか考え始めました。一汁一菜のお話は、その一体感に溢れていると感じ、さらに旬の食材を活かし、湧き水を求め、糠床を育てる様子は、まるで生き物や自然とお話されているかの様に思えました。ふと、自然と会話することが一体感を育てることになるかも知れないと思い至りました。私は元コンピューター技術者で、20年来家庭でささやかに野菜を作っています。今夏もミニトマトやバジル、モロヘイヤ、甘長シシトウやゴーヤなどです。早朝に野菜の成長を眺め、葉の様子で元気度を感じたり、ゴーヤや朝顔のツルが一日に10cm程も伸びるのを観て、動いていると感じたりするのが好きです。ふと、こういう事が自然との会話になっていると気がつきました。会話といってもそれは「観て、聴いて、感じて、思う」事です。そうする事で、生きものや自然と心を通わせ、愛おしみ、日常の中で一体感を育てる。これを私流のやり方として実践してみようと思います。なんだか穏やかな気持ちになれます。ご公演や本の内容は奥深く理解はまだまだですが、生命誌を学ぶのは楽しいです。“ちょっと一言”を楽しみにしています。

お返事

投稿日:2018.06.12 名前:中村桂子館長

大森先生をお読みになったとのこと。すばらしいです。私は哲学という学問は苦手なのですが、大森先生の本は難しいけれどよくわかるという感じで好きなのです。権力をもつ人が勝手なことを始めると社会は間違ってくるように思い、なんとかふつうの暮らしを楽しめる社会になって欲しいと願っています。

季刊生命誌について

BRH cards 97号

投稿日:2018.06.09 ニックネーム:はやぶさ2

心待ちの「97号」が、2~3日前に届きました。ありがとうございます。号を重ねる毎に工夫されていると感じられ、関心しております。今回も、盛沢山の内容で、興味深く、拝読させていただきました。①RESEARCH 01、02の内容(光の受容体)は、専門外の方にも、「イラスト」付きで、視覚的にわかりやすく、また、 優しい解説文で、「ほほ~、な~るほど」と、そのBioシステムや、生物の仕組み・発達進化に驚きました。②ラボからの論文:「ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろう」が、 [Developmental Biology 437号 ] の 表紙に選ばれたことについて、「祝意」を表します。おめでとうございます。内容の濃い地道な ご研究成果が実ったのでしょう!③Carsの、最初に入っていた「長岡京室内アンサンブル音楽監督:森さんとの対談」は、女性同士で、裏話にも「花」が咲いたのでは・・・?。その他 数々の 面白い内容もgoodで、最後の「紙工作」も楽しませていただきました。毎回何かの企画・工夫が素晴らしいですね。今後も、面白い内容をお願いします。では、これから、暑くなりますが、館長様、スタッフの皆様、お体 ご自愛ください。

お返事

投稿日:2018.06.12 名前:中村桂子館長

季刊「生命誌」を楽しんで下さっている様子が眼に浮ぶ文に、とても嬉しくなりました。ありがとうございます。次の号を皆で考えるのが楽しい(大変でもありますが)。その思いを共有して下さることが生命誌を支える力だと思っていますので、これからもよろしくお願いいたします。

季刊生命誌について

季刊生命誌WEBフォームより

投稿日:2018.06.07 ニックネーム:あいこ

高校で生物の教員をしており、生命誌の情報で面白いと思うものをピックアップして生徒に伝えることもあります。
送られてくるペーパークラフトを実験室に時折飾ることもあります。
いつも、ありがとうございます。

お返事

投稿日:2018.06.07 名前:中村桂子館長

高校の教育に活用していただくことは、私たちの願いでもあります。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

季刊生命誌について

季刊生命誌96号ハガキより

投稿日:2018.06.07 ニックネーム:宮沢賢治の会

神戸宮沢賢治の会の会員です。私達は有志で白つめくさという影絵劇団をつくり、神戸市内の児童施設などで、賢治の童話を影絵劇にして、上演しています。生命誌の記事は賢治の希求した科学と人間の幸福を目指す方向と一致するものとして、いつも専門に研究する先生方の学問成果を興味をもって読ませていただいています。機会があれば、館で影絵を上演する機会があればとも思います。

お返事

投稿日:2018.06.07 名前:中村桂子館長

生命誌の映像、「水と風と生きものと」でも宮澤賢治と生命誌のつながりを探っています。この映画の短編を館内で上映していますので観にいらして下さい。

1433件中 1 - 5件目 次のページへ »

最新のお返事

2018年06月14日
RE:一体感
2018年06月12日
“自然との一体感”日常で感じたい
2018年06月12日
BRH cards 97号
2018年06月12日
百歳の細胞
2018年06月11日
年刊号

過去の書き込み

ページの先頭へ