生命誌ジャーナル

2016年間テーマゆらぐ

目次:

  1. TALK
    見えない世界に自由を描く 森 重文(京都大学高等研究院院長)× 中村桂子(JT生命誌研究館館長)
  2. RESEARCH
    細胞が老いる・死ぬ
    1. 01 生涯はたらくニューロンを支える脳の免疫担当細胞 石井さなえ(ペンシルバニア州立大学)
    2. 02 ウイルス感染細胞がたどる生死の分かれ道 岡崎朋彦(東京大学)
  3. SCIENTIST LIBRARY
    山本正幸(自然科学研究機構 基礎生物学研究所所長)
    分子と分子が出会う、減数分裂を追いかけて
  4. BRH NEWS
    生きもの38億年の歴史をご自宅でほか
  5. 卓上ゲノム展
    第4回 エビゲノムから見る生命誌