生命誌ジャーナル

2016年間テーマゆらぐ

※BRHカード90号の表紙では、魚の背骨のイラストに特殊印刷で1ミリ弱の盛り上がりをつけました。
 実際に触ってデコボコを感じたい方は、BRHカードでお楽しみください。

目次:

  1. TALK
    物語りを生きる民話と生命誌 小野和子(みやぎ民話の会顧問)× 中村桂子(JT生命誌研究館館長)
  2. RESEARCH
    細胞がはたらく 後編
    1. 01 高度な触覚センサとして活躍する小さな細胞 仲谷正史(北海道大学 電子科学研究所)
    2. 02 睡眠の進化を語る細胞の発見 林悠(筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構)
  3. SCIENTIST LIBRARY
    矢原徹一(九州大学大学院理学研究院教授)
    花の性から広がる多様性の世界
  4. BRH NEWS
    年刊号『つむぐ』、今秋より書店に並びますほか
  5. 卓上ゲノム展
    第3回 ゲノムが語る生命誌・後編