カードを楽しみ、細かな内容はWEBで読むというユニークな組み合わせの季刊誌です。

2015年間テーマ つむぐ 84号
84
年刊号つむぐ

複雑さを少しづつ解く

 科学の世界で新しい考え方を探ろうとすると自然現象の基本を知る物理学が気になります。新しい物理学に取り組む蔵本先生にゲノムを視野に入れて考えていただきたいとボールを投げました。返されるボールが楽しみです。リサーチは、真核細胞の特徴であるオルガネラゲノムに注目しました。田中さんの暗所で増殖できない葉緑体を共生させた細胞が周期を合わせてシステムをつくる過程、佐藤さんの父由来ミトコンドリア消失の過程は、共に細胞の本質を追う研究です。サイエンティスト・ライブラリーは、ゴリラと共にあり、そこから人間を考える山極先生の魅力全開です。紙工作は擬態の王者タコに挑戦、形づくりに苦労しました。タコの気持ちを聞きたい思いです。(中村桂子)
<< 前の号へ 次の号へ >>

2015年間テーマつむぐ 20年前に生命誌研究館を始めたきっかけは、生命科学という学問を、生きているとはどういうことだろうという素朴な問いにつなげたいという思いでした。その具体的なとっかかりがゲノムでした。DNAを遺伝子としてだけでなく、細胞という生きる単位の中の総体(ゲノム)として捉えると、普遍性、多様性、歴史性、階層性、創発性などが見えてきたのです。それから20年、ゲノム解析は予想をはるかに越えて進展しました。今や個人のゲノム解析の時代ですが、ゲノムの本質がわかったかとなると・・・さまざまな現象が次々出てきて複雑です。少しわけがわからなくなってきている気もします。ゲノムに向き合い直し、生きものって何だろうと改めて問うのが次の10年です。織りものの始まりは糸を「紡ぐ」こと。ゆっくり紡いで原点からの出発です。

BRHカード

ジャーナル記事のエッセンスが詰まったCDサイズのカード読み物
無料送付申し込み
※最新号からのお届けになります。

住所変更はこちら 送付中止はこちら
カードサンプルを見る

BRHメールマガジン

毎月1、15日に生命誌研究館の催し、ホームページの更新情報、刊行物「季刊・生命誌」の情報などをお届けします。下記フォームよりお申し込み下さい。
BRHメールマガジン申し込みフォーム

生命誌年刊号

『つむぐ』 生命誌年刊号 vol.84-87 中村桂子 編集

季刊「生命誌」84-87号の内容を一冊の本にまとめました。
(A5版変形サイズ・235ページ)
定価:本体1,600円+税/発行:JT生命誌研究館
発売:新曜社/発行日:2016.11.5
全国書店、研究館グッズコーナー及びこのホームページの通信販売にてお求めになれます。

2015 生命誌年刊号

  • 生命誌の広がり
  • 生命誌の広場

新着情報

ページの先頭へ