1-1 季刊「生命誌」

カードを楽しみ、細かな内容はWEBで読むというユニークな組み合わせの季刊誌です。

2007 Biohistory's Theme 年間テーマ「生(な)る」 第1回 第2回 第3回 第4回

始まりを考える

 今年のテーマは「生る」。生まれてくること、始まりを考えるのは楽しいものです(難しくもありますが)。トークはすべての始まり、宇宙創成です。小さな宇宙からのインフレーションは見事な物語でした。その小さな宇宙は無から生まれたとか。トンネル効果という言葉で無に意味を持たせる物理学はやはりすごいですね。宇宙の構造ができるには対称性の破れ、ゆらぎが必要という話は生物につながりそうです。リサーチは、宇宙の中で生命体を生み出す惑星が誕生する話。系外惑星の観測から地球型惑星の存在の可能性が見え、探索へ向けて動き出しているとのこと。早く生命体に会いたいですね。次は、共生系が生まれる過程を実験室の中で捉えた研究。進化をこの眼で見たいという願望に答えてくれると同時に、食う・食われるの関係が共生で落ち着くという結果、それを支えるのがゆらぎであることも示唆的です。すべての話を通じて、技術が進み見えなかったものが見えてきたと実感します。
 サイエンティスト・ライブラリーの中西重忠さんは、京大グループの一人として活躍。実験手法の確立で独創性を出したと自信を持っておっしゃいました。方法から原理や概念へ。佐藤さんの話と並べると面白いです。

生命誌ジャーナル目次

TALK 対話を通して

理論と観測が明かす宇宙生成
佐藤勝彦 東京大学大学院理学系研究科 教授
中村桂子 JT生命誌研究館 館長

RESEARCH 01 研究を通して

生命惑星学へ 惑星のなりたちから生命を考える
井田 茂 東京工業大学理学部地球惑星科学科

RESEARCH02

共生の生まれる過程に見る生きものの柔らかさ
四方哲也 大阪大学大学院情報科学研究科

SCIENTIST LIBRARY 人を通して

新しい方法の導入で発見を
中西重忠 大阪バイオサイエンス研究所所長
ジャーナル記事のエッセンスが詰まった
CDサイズのカード読み物
カードサンプル
53号のカードのサンプルをご覧になれます。
※MacintoshのInternet Explorerでは作動しない部分があります。
サンプルはこちら
※年4回(5月、8月、11月、2月)刊行予定
※FlashpPlayerのバージョン6以上が必要になります。見ることができない方はこちらからダウンロードしてください。
 
カードにだけついてくるおまけやBRH活動情報がたくさん!
無料送付お申し込み
※最新号からのお届けになります。
バックナンバー一覧
BRHカード住所変更はこちら
BRHカード送付中止はこちら

<< 前の号へ 次の号へ >>

年間テーマ生る 「生る」はすべての始まりです。“なる”と読み、成る、為るなどともつながります。『自己創出する生命』という書物から始まった生命誌の原点でもあり、愛づる、語る、観る、関わるより更に生きもの、そして自然そのものに近い言葉です。木の実が生るという時、あるべきものが自ずと生じてくるという感じがします。柿の木に柿の実が生り、ぶどうの木にぶどうが生る。その陰にはそれを生じさせる生命現象があります。

生命誌年刊号
生命誌・年刊号2007「生る」
(B5版・206ページ)
定価:1,600円(税込)
発行:JT生命誌研究館
発売:新曜社
発行日:2008.08.15
『生る』生命誌年刊号 2007  中村桂子 編集
季刊「生命誌」53号〜56号を一冊の本にまとめました。

年刊号の購入について
『生る』生命誌年刊号 2007は、全国書店でお求めになれます。
※研究館グッズコーナーおよび通信販売でも取り扱っています。

※図書館などの公共施設での閲覧・貸し出し用として、一冊に限り無料で寄贈しています。ご希望の方は下記の申し込みフォームよりご相談ください。
公共施設向け申し込みフォーム

BRHメールマガジン
毎月1、15日に生命誌研究館の催し、ホームページの更新情報、刊行物「季刊・生命誌」の情報などをお届けします。下記フォームよりお申し込み下さい。

BRHメールマガジン申し込みフォーム

ご意見、ご質問
季刊「生命誌」へのご意見・ご感想はこちらから

  • 生命誌の広がり
  • 生命誌の広場

ページの先頭へ