季刊誌「生命誌」通巻27号
骨と形-骨ってこんなに変わるもの?:目次 > 生き物をすかしてみたら・・・・・・骨と形 骨ってこんなに変わるもの?:工藤光子+青山裕彦+倉谷滋
骨と形 骨ってこんなに変わるもの?
骨と形 骨ってこんなに変わるもの?:工藤光子+青山裕彦+倉谷滋
  脊椎動物の背骨の発生と進化を見ていこう!
  背骨は何からできる?
  体節が軟も作るようになった
JT生命誌研究館では、1999年10月から2001年3月まで
「生き物を透かしてみたら・・・・・・・骨と形---骨ってこんなに変わるもの?」展を行っています。
これは、BRHの青山裕彦研究員の研究(肋骨はどうして胸にだけあるのか?という問題を中心に、ニワトリとウズラを使って調べています)を基本として企画しました。

骨は人間を含む脊椎動物の体を支えるものとして古くから研究されてきました。
でも今回は、骨を「形を決めるもの」という切り口で見て、脊椎動物の進化と個体発生を関係づけながら整理し、展示を作りました。

この展示の面白さをみなさんに伝えたいと思い、『生命誌』誌上で展示見学ツアーを試みます。
展示を眺めるように、ページをめくって、脊椎動物の骨格の進化と個体発生をたどってみてください。
さまざまな生物の実物の骨格標本や発生標本を比べると面白い。
このあとはぜひ、生命誌研究館にお越しくださって、実際の展示をお楽しみください。
専門家も小さなお子さんも楽しめます。
時間をたどって脊椎動物の背骨の発生と進化を見ていこう!

進化と発生の時計
流れる時間の中で生き物は個体の発生を繰り返し、進化しています。個体の発生と進化は別々ではなく、時計の針のような関係。この時計では秒針が個体の発生、長針や短針が進化を表わしています。
前へ
次へ
背骨は何からできる?
 ニワトリの卵の殻を一部割って顕微鏡で覗くと、黄身の上で形づくり(個体発生)が進んでいるのが見えます。受精後2日を過ぎたあたりで、丸いかたまりが並び始めます。このかたまりを体節(たいせつ)と呼びます。
背骨の始まりです。


前へ
次へ
体節が軟骨も作るようになった
 背骨のくり返しパターンのもとである体節から、筋肉と骨ができます。海の浅瀬の砂に潜って暮らしているナメクジウオは、脊椎動物に最も近いと考えられており、体節がありますが骨はありません。筋肉しかできないのです。筋肉だけをつくっていた体節が骨もつくるようになって、脊椎動物が生まれたと考えられます。
前へ
INDEX
  脊椎動物の基本型 背骨を通して進化をみる:青山裕彦
アゴも繰り返しパターンから ヤツメウナギと私:倉谷 滋
肋骨は何をしている? カメの甲羅も肋骨:青山裕彦
背骨はどうやってできる? 体節が作る分節構造:青山裕彦
Special Story