季刊誌「生命誌」通 巻24号 
雄と雌が決まる仕組み 魚から鳥,哺乳類まで:目次
雄と雌が決まる仕組み 魚から鳥,哺乳類まで
人工の化学物質が生物の生殖機能を攪乱する、いわゆる「環境ホルモン」が話題になっています。
個々の化学物質の安全性について考えることはもちろん重要ですが、ここでは、生物の生殖について、どこまでわかっているのかを探ってみましょう。
動物の性は、どのようにして決まるのか。どのように変化するのか。
私たちヒトに一番近い、脊椎動物の例を紹介します。
温度による性決定の話や遺伝子研究の現状から、動物のグループごとの違いを見てください。
雄と雌が決まる仕組み 魚から鳥,哺乳類まで:島田清司
   温度によって決まる爬虫類の性
 鳥類における性決定・性分化
 哺乳類、そして多様な動物の性決定
性転換は魚の得意業:長濱嘉孝
脳の雄・雌はどう決まる?:新井康允
性の決定に働く遺伝子たち:諸橋憲一郎

Special Story

CLOSE

Javascriptをオフにしている方はブラウザの「閉じる」ボタンでウインドウを閉じてください。