「生命誌」年刊号 (書籍)

季刊「生命誌」はカードとwebでお送りし、最後に本にまとめています。年間テーマを軸に一冊にまとめると一味違って「生命誌」が見えてきます。

2003 Biohistory's Theme 愛づる・時 第1回 第2回 第3回 第4回 年刊号

 愛づる心が生まれるには、じっくりと時間をかけることが必要です。実は、生きるとは時間を紡ぐことそのものですが、効率をよしとする現代社会は、ゆっくりと流れる時を嫌います。生きものの持つ「時」を見つめよう。まずはそれが基本です。
  「愛づる」と「時」。生命誌研究館の10周年にあたって、これまでの10年をまとめ、次の10年を見通す鍵になる言葉です。生命誌は、特定の学問というより、誰もが日常の中で生きものを愛し、生きることを大切にする気持ちを支える「知」として組み立てていきたいと思っています。幸い、この1年間、「愛づる」という言葉を通して、多くの方が、日常から、またそれぞれの方の専門を踏まえて、生命誌への共感を示して下さいました。
  科学、哲学、美術、文学、歴史、東洋、西洋…これらをつなぐというより、いずれも「愛づる」から生まれてくるものでつながっていると思いました。「愛づる」と「時」を基本に考えてきたこの1年間の活動は、季刊BRHカードと生命誌ジャーナル(HP)でお届けしてきましたが、1冊にまとめて読み通し、あなたの「愛づる」を考えていただきたいと思います。

JT生命誌研究館館長・中村桂子

  >> 「愛づる・時」第1回のWEBジャーナルへ

生命誌年刊号
『愛づるの話。』生命誌年刊号 2003
(A5版・178ページ)
定価:1,600円(税込)
発行:JT生命誌研究館
発売:新曜社
発行日:2004.05.01
『愛づるの話。』生命誌年刊号 2003  中村桂子 編集
季刊「生命誌」37号~40号を一冊の本にまとめました。

年刊号の購入について
『愛づるの話。』生命誌年刊号 2003は、全国書店でお求めになれます。
※研究館グッズコーナーおよび通信販売でも取り扱っています。

※図書館などの公共施設での閲覧・貸し出し用として、一冊に限り無料で寄贈しています。ご希望の方は下記の申し込みフォームよりご相談ください。
公共施設向け申し込みフォーム

BRHメールマガジン
毎月1、15日に生命誌研究館のイベント、ホームページの更新情報、刊行物「季刊・生命誌」の情報などをお届けします。下記フォームよりお申し込み下さい。

BRHメールマガジン申し込みフォーム

ご意見、ご質問
季刊「生命誌」へのご意見・ご感想はこちらから 

  • 生命誌の広がり
  • 生命誌の広場

新着情報

ページの先頭へ