館内展示

蟲愛づる姫君

期間:
2012.3.13 ~
場所:
1Fエントランスホール

生きものと時間をかけて向きあうとき生まれてくる「愛づる」心は、生命誌の基本です。堤中納言物語りに登場する「蟲愛づる姫君」は、平安時代の姫君でありながら、身近な生きものを観察し、生きものの本質を発見する科学の心を持っています。この「蟲愛づる姫君」の世界を表す身近な日本の自然を江戸時代の博物画の手法を取り入れ、六曲の屏風に仕立てました。もちろん展開する物語は、現在研究館で実際に行われている小さな生きものを見つめる研究です。美しいイラストと実験の動画を通して生命誌研究を楽しみながら現代の蟲愛づる姫の気持ちになってお楽しみ下さい。

蟲愛づる姫

ページの先頭へ