館内展示

細胞展

期間:
2007.3.13~ (2018.8.7刷新)
場所:
1F展示室2

 「生きている」を支える基本は細胞。私たちのからだは37兆個の細胞でできています。細胞はいったいなにをしているのでしょうか。私たちの日常から、細胞の基本的なはたらきをみていきます。最新の顕微鏡写真からは、細胞の中に広がるダイナミックで複雑な世界が見えてきます。

細胞展

2018年8月に解説パネルを刷新しました!からだは多種多様な細胞が関わりあうことで、成り立つ細胞社会だと実感する展示空間です。あなたがごはんを食べる時、運動する時、そして眠っている時も細胞は忙しくはたらき続けています。

休むことなく、はたらき続ける細胞。ここでいったい何がおきているのだろう?
映像作品(プロジェクションマッピング)「細胞が語る、細胞の物語」 New!

1/100ミリほどの小さな細胞の世界を、あなたの目の前に大きく映し出す作品です。私たちのからだをつくる多様な細胞の中にある基本のしくみを「つくる・こわす・たもつ・まとめる」を切り口に語ります。

映像作品内では、顕微鏡でとらえた様々な細胞像がご覧いただけます。分子がひしめき、動き、変化し続ける細胞の姿から、「生きているってどういうこと?」と一緒にじっくり考えてみませんか。

写真・映像提供
●安藤敏夫(金沢大学)●オリンパス株式会社
●加藤薫(国立研究開発法人 産業技術総合研究所)
●Shinya Inoue、A.S. Bajer、J. Mole-Bajer

細胞内にはりめぐらされた細胞骨格
提供:加藤薫(国立研究開発法人 産業技術総合研究所)

「細胞のふるまいインタラクティブ・コーナー」

画面のゆらゆら動く細胞を指で動かすと、あなたの体をつくるいろいろな細胞の姿が見えてきます。

「細胞のふるまいインタラクティブ・コーナー」

あなたが歩いたり、においを嗅いだり、ご飯を食べたり、考えたりするとき、体をつくるさまざまな細胞が活躍しています。生きているということは、細胞がはたらいているということ。「生きる」を支える単位は細胞です。地球上に細胞が誕生した時に生きることが始まりました。あなたの体をつくる細胞も昔から生き続けてきた細胞であり、これから続いていく細胞の一つです。日常の暮らしを細胞のはたらきとして考える展示です。是非いらして下さい。

分泌する 接着する 感知する 取り込む 変形する

写真・
映像提供
牛木辰男/新潟大学 河野重行/東京大学
中野明彦/東京大学/理化学研究所 宮脇敦史/理化学研究所
森田光洋/東京薬科大学 山科正平/北里大学
山本真紀/専修大学 渡邊直樹/京都大学
協力
細胞行動データベース ー Cell Behavior DataBase ー
団まりな (階層生物学研究ラボ)/金子洋之 (慶應義塾大学)/
佐藤由紀子 (首都大学東京)

新着情報

ページの先頭へ