ラボ日記
研究セクターのスタッフが、日常で思ったことや実験の現場の様子を紹介します。
月二回、スタッフが交替で更新しています。
バックナンバー
【研究員レクチャーを終えて】
 
佐々木 剛

 先月(11月19日)は、生命誌研究館での月に一度のイベント、研究員レクチャーを担当させていただきました。学会やセミナーで話をする機会はこれまでにもたくさんありましたが、約一時間もの間、それも一般のお客さんの前で講演をするというのは私にとって初めてのことで、始める前には不安と緊張がありました。お客さんが誰もいらっしゃらなかったらどうしようとか、逆に(ありがたいことですが)あまりに大勢いらした時には、はたしてうまくしゃべれるのだろうか、などと余計な思案をしたりしていました。

 そんな不安をよそに、当日は話しやすいちょうどよいくらいの人数のお客さんが集まってくださいました。会場でパソコン、プロジェクターの準備などをしているときには緊張が高まってきましたが、いざ始めてみるとさっきまでの緊張はどこかに吹きとんで、自分の思った以上にスムーズに話を進めることができました。タイトルは、「翅が無くても昆虫?」で、現在行っている昆虫の起源にまつわる研究についてお話しさせていただきました。会場のお客さんの反応がとてもよく、うなずきながら聴いてくださったり笑いも起こったりで、非常に話しやすいと感じました。ご質問やコメントもたくさん頂くことができて、嬉しかったです。聴きに来ていただいた皆様に心から感謝いたします。

 このような経験は生命誌研究館ならではのことで、ありがたいことであると同時に、次回もまたレクチャーを担当させていただくのが楽しみになりました。



[DNAから共進化を探るラボ 研究員 佐々木 剛]
ラボ日記最新号へ
Javascriptをオフにしている方はブラウザの「閉じる」ボタンでウインドウを閉じてください。