中村桂子のちょっと一言
中村桂子のちょっと一言
館長の中村桂子が、その時思うことを書き込むページです。月二回のペースで、1998年5月から更新を続けています。
バックナンバー

2010.6.15 

【階段を昇るのが・・・】
 
中村桂子館長
 困りました。数日前から左の腿の部分がちょっと痛いのです。筋肉痛なのか筋が痛いのかと聞かれても、よくわからないと答え、周囲からはしょうがない奴という眼で見られています。痛いと言っても、寝たり、坐ったりしている時はまったく問題ありませんし、平地を歩いている時も痛みは感じません。問題は階段を昇る時です。降りはちょっと違和感がある程度でさして問題なし。一つ一つ説明されても困るよ、きちんと原因を解明しなさい。だれかがこんなことを訴えたら、即こう言うだろうなと思いながらそのまま暮らしています。なんだか明日は何ともなくなるのではないかなという気がするものですから。気がするというより、そうであって欲しいと思っているのでしょう。
 事実、大したことはないのです。でも階段は昇りたくありません。とくに荷物を持っている時は。事実、月曜日の朝、BRHへ向けてキャリーバッグを持って出かけ、新宿駅(小田急線)でエスカレーターを探したらありません。駅員さんがこのホームはエスカレーターがないので、エレベーターに行きなさいと教えてくれましたが、それはかなり遠いところでした。しかも、三階建てになっているホームの二階にいたので、下からの人でいっぱい。なかなか乗れません。いつもなら30秒ほどの乗り換えに五分近くかかってしまい、新幹線に間に合うかなと朝からイライラ。よくありませんね。JRでも同じこと。最近ではバリアフリーと言われて、駅もエスカレーターやエレベーターのないところがとても少なくなりました。でも、ちょっと動きにくくなってみると、いつも何気なく乗り降りしていたところの面倒さがわかり、さまざまな状態の人への適確な対応は難しいものだと実感しています。今度はあそこで降りてこうしてと作戦を立てましたので、五分もかからず行けると思いますが・・・いやいやそれまでにスタスタ階段を昇れるようになっているつもりですが、身をもっての体験ほどよい教えはないなと思っています。



 【中村桂子】


※「ちょっと一言」へのご希望や意見等は、こちらまでお寄せ下さい。
「中村桂子の「ちょっと一言」最新号
このウィンドウを閉じます
Javascriptをオフにしている方はブラウザの「閉じる」ボタンでウインドウを閉じてください。