中村桂子のちょっと一言
館長の中村桂子が、その時思うことを書き込むページです。月二回のペースで、1998年5月から更新を続けています。
バックナンバー
1999.11.15 
【進化という言葉】
 
 私たちは、言葉で考え、言葉で話し合います。というより言葉があるからこそ考えることができ、話し合うことができると言えます。もちろん、他の生きものたちも仲間同士のコミュニケーションをさまざまな形でやっています。最近では動物にも「文化」があるという考え方が出てきました。確かにどんな生きものを見てもうまく生きていると思いますので、行き過ぎた人間特殊主義はとりませんが、そうは言っても、「文化」に関しては、人間は他の生物とは質的に違うと言ってよいものを作りました。それはやはり人間が言葉を持ったからだと言えると思います。言葉そのものについて考えることは、とても面白いことであり、今の私の関心事の一つですが、今日は、進化について考えるのが目的ですのでそこへ戻ります。
 私たちは言葉で考えますから何か新しいものや概念が生れたらそれに名前をつけなければなりません。「進化」という日本語は、「Theory of Evolution」という英語の訳語「進化論」として19世紀末に作られた言葉です。もちろん今では evolutionという単語を英語辞典でひけば「進化」と出てきますが、元来の evolution は evolve 、つまり巻きものを開く、展開するという意味の言葉です。ダーウィンが示したことは、現在はある種の中で多様化している生きものも元をたどると一つの祖先に戻るということですから、まさに「展開」です。ところが当時のイギリス社会にあった「進歩」の思想をもつ人々は、この事実よりも、適者生存、自然選択という展開の背後にあるとして示唆されたメカニズムの方に眼を向けました。適者が生き残るのなら、よりよいものが残り、よりよいものになっていくはずだ。まさに「進歩」があるはずだということです。そして、人間もそうであるはずだといういわゆる社会ダーウィニズムが生れました。このような背景で日本に導入された「Theory of Evolution」は「進化論」と訳されたわけです。本来なら、「展開説」とでも呼ぶのがよいと思うのですが。進化論と展開説では、そこから浮ぶイメージが違いませんか。
 進化そのものについてはまた次回に。
「中村桂子の「ちょっと一言」最新号
このウィンドウを閉じます
Javascriptをオフにしている方はブラウザの「閉じる」ボタンでウインドウを閉じてください。