生命誌の広場

みなさんからのご意見

その他

館長 ご返答ありがとうございました

投稿日:2018.08.10 ニックネーム:たっくん

国立療養所長島愛生園で精神科医として働き 多くの著作を残された神谷美恵子さんについては今年5月に放送されたETV 100分で名著「生きがいについて」にて初めて詳しく知りました。本は借りて途中までしか読めていませんので全編を読んでみます。らい菌に感染したとしてもすべての人が発症するわけではないが 発症し病が進行すると命を奪うのではなく人間を奇形の生きものとしてしまう病 ハンセン病。今は化学療法が療養所にいられた患者さんの初期の化学療法による副作用で病が悪化という犠牲を経て後遺症なく全治することができるようになりました。ハンセン病 らいは病気ではなく天罰や生まれる前の悪行の報いと言われた時代が長く続き畏れられてきた歴史を持ちます。他の生きものなら異形になって成長するのは当たり前だけど人間は異形に対して特別な感情を持ちますね。人間という生きものを考える時 生命誌の一番 最後のところに人間はいると思います。生きものの命の見えない世界を感じることできるはずですからハンセン病 らいを発症された方々が強制隔離により受けた人生被害が繰り返されることのないよう見えない命のつながりの世界を学んで行きたいと思っています。神谷さんのテレビ放送最後の日の前日に大阪市の湾岸に昭和9年まで存在していた療養所 外島保養院の最後の入所者の男性が103歳で療養所にて亡くなりました。日本のハンセン病療養所は療養者がいなくなることで消える運命にあります。日本におけるハンセン病の歴史を後世に正しく伝えることは難しいけれど是非ともやらなくてはと思っています。

お返事

投稿日:2018.08.13 名前:中村桂子館長

とてもていねいに考えていらっしゃいますね。私は生命誌(Biohistory)を考える前にライフステージという考え方を提案しました。人間の一生を考えるもので、誰もが生れ、育ち、老い、死ぬというあたりまえのことを基本にしています。一生の間に誰もが赤ちゃんだったり、病人になったり、老人になったり。弱者がいるのではなく誰もが弱者になるということです。つまり、弱者のない社会はありません。ここからは特定の病気を特別のように捉えて差別をするという考え方は出ないはずと思っています。なんだか差別をしたがる人が目立っているようで気になりますね。

ハンセン病

投稿日:2018.08.08 ニックネーム:たっくん

病よりも病が引き起こす病変により社会 周囲の人々より家族までもが長く偏見と差別に苦しめられ命を絶つ人も多数あったハンセン病。らい菌が発見され感染症とわかってから強制隔離が世界各地で行われました。戦後、世界ではらい菌の感染力が弱い感染症であることがわかってから隔離政策を止める決議が行われました。しかし日本はそのことを知りながら隔離を止めませんでした。
らい菌は人間の肌に近い温度の時だけ活動すると聞きました。生命誌研究の現場で長く 人類の病として記録が残るらい ハンセン病について何か調べたり研究されたことあればお教えてください。

お返事

投稿日:2018.08.09 名前:中村桂子館長

生命誌研究館では、医学の研究をしておりませんので、ハンセン病についてとくにお伝えできるようなものを持っていませんことお許し下さい。個人的には神谷美恵子さんという心から尊敬している方が、長島愛生園でのお仕事の中で考えられたことをお書きになった書物から多くを学びました。その体験から生れた「生きがいについて」は素晴らしい本です。お求めのこととは違うかもしれませんが。

地震・被災 お見舞い

投稿日:2018.06.19 ニックネーム:相模のラクダ

【このメールもいつ御覧いただけるか・・・ですが】
地震の物理的な被害や、展示物の落下・損傷など、何某かの被害があったと思います。まずは、被災お見舞い申し上げます。展示物や、博物館内の インフラなど、研究館の再開に日数がかかるかもしれませんね。私は、現地(高槻)には行けませんが、何か再開のお手伝いなど、微力ながら協力出来ること・お困りのことがあれば、ご遠慮なくお伝えください。余震にもご注意いただき、早期の平常再開を願っております。

お返事

投稿日:2018.06.19 名前:中村桂子館長

お見舞いありがとうございます。自然の力には圧倒されますが、おかげさまで大きな被害はなく、今日(19日)も開館できました。皆さまにいらしていただけることありがたく思います。

大阪北部地震 お見舞い申し上げます。

投稿日:2018.06.18 ニックネーム:竹ちゃん

 今朝の地震、東京に住む私も感じました。ちょっとした揺れでしたので心配もしませんでした。ところが、ラジオ聞いていて被害の大きさに驚いています。
 高槻市は、震源域で被害も大きいようですね。小学校3年生の女の子が、学校のプールの壁に挟まれて亡くなったという話を聞きました。校庭で遊んでいて地震の揺れに遭ったのかと思いましたが、写真を見ると道路側に倒れ、通学中の児童が犠牲になったのでしょうか。保護者の心情を考えるといたたまれなくなります。また、学校長の心情も、担任の心情も想像に余りあります。
 生命誌館は、展示物が多いので被害を心配しております。月曜日は、休館日でしょうか。開館時間帯ではなかったので見学者はおられなかったでしょうか。
 生命誌館の役割りがますます重要になっています。被害の少ないことを、復旧の早いことをお祈りしております。
 夏休み中には、大阪市内の研究会に参加します。その折に伺いたいと思っております。

お返事

投稿日:2018.06.19 名前:中村桂子館長

お見舞いありがとうございます。思いがけないことでしたが、おかげさまで大きな被害にならず、休館もなしにすみました。阪神淡路大震災の時高槻に活断層があることを知ったのですが、それでも普段は地震のことなど考えずに過しています。自然との向き合い方を考えると言いながら難しいことだと思います。またいらして下さい。

年刊号

投稿日:2018.06.06 名前:橋本 圭隆

只今、最新の年刊号はどの書籍でしょうか。
教えてください。

お返事

投稿日:2018.06.11 名前:表現を通して生きものを考えるセクター・川名

最新の年刊号は2017年10月15日発行の『ゆらぐ』(新曜社)です。
http://www.brh.co.jp/seimeishi/annual/2016/

471件中 1 - 5件目 次のページへ »

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

過去の書き込み

ページの先頭へ