生命誌の広場

みなさんからのご意見

その他

ありがとうございました。

投稿日:2017.03.19 名前:あすか

名古屋での講演会に参加させて頂きました。
ありがとうございました。
化学というともっと無機質なイメージがありましたが、生命誌という考えに触れて、なんて豊かな知だろうと感じました。

子供の頃、食べ物は生き物で、私たちはもらわないと生きられないこと、じゃあ自分が生きるってなんなんだろう? 他の生きたいと思う生き物を食べないと生きられない自分の命ってなんなのだろう? と戸惑いながら思っていたことを思い出しました。

また田舎に住んでいましたので、家の前が小さな森で、池もあったのですが、ある日池が埋め立てられ、木々も切られて切り開かれたとき、とても悲しいと同時に「ああ、人の生活はこうしてなりたってきたんだなあ」「ここに住んでいたりすやたくさんの生き物たちはどこへ行くんだろう?」ととても強く思ったことも思い出しました。
理屈でなく自分の胸や体が痛い、それは毎日のようにそこで遊んでいて、木々も動物も池もカエルも全部繋がっているように感じていたから。
罪悪感や悲しみを感じすぎるのも違うと思うのですが…。
本来人はそういう感覚ー自分と世界がつながっていて、みんなが全体の一部ーを持っているように感じます。

「わたくしといふ現象は
仮定された有機交流電流の
ひとつの青い照明です
(あらゆる幽霊の透明な複合体)

風景やみんなといっしょに せはしくせはしく明滅しながら
いかにもたしかにともりつづける
因果交流電燈の ひとつの青い照明です」
(宮澤賢治「春と修羅」)

私のなかで、生命誌はこのイメージです。
それは小さな私にとって、とっても大事なものだった。
またそういうことのためになにができるか、ゆっくり考えていきたいと思います。
とても良い機会を与えてくださってありがとうございました。

お返事

投稿日:2017.03.21 名前:中村桂子館長

メールありがとうございます。
お小さい頃からの生きものへの実感、私も共有することばかりです。「理屈でなく胸や体が痛い」という感覚を私は「生きもの感覚」と呼んでいます。小さな頃に生きものに接していないとこの感覚が失なわれるので、子どもは自然の中でと思うのです。あげて下さった宮沢賢治の詩はちょっとわからない感じも含めて、私も好きです。これからも感じられたことを書き込んで下さい。

お礼とお願い

投稿日:2017.02.27 名前:岩崎 史郎

私は2月25日多摩パルテノンで先生の映画とトークを拝見拝聴した者です。映画では先生の幅広いご活躍に驚きましたが、トークでは遥かに驚きました。壇上でお話しされる先生の何と輝いておられたことか!テレビや今回の映画で、先生のお顔・お話は拝見拝聴しておりましたが、初めて直に接する先生は生き生きと輝き、先生の表情・お話ぶりに、私はため息まじりでございました。テレビ映画では先生の生き生きとした輝きがあまりにも少ししか出ていないと感じました。

動物実験

投稿日:2017.02.16 ニックネーム:leon94

朝のコメントの続きになります。
本の他にも私はラジオの放送大学や第二放送を犬の散歩の時や台所仕事の時に聞いております。今日も洗い物を片付けながら聞いておりました。動物実験で「愛」について科学的に研究をした、という話しでしたが、「人間だったらとてもできないことが動物だったらできます。子供を親から引き離して24時間観察する・・・そうしたら親から離した子は哺乳瓶には執着を示さなかったのにタオルや毛布などに強い執着を示した」という内容の話しが流れていた時、私は洗い物の手を休め、首を横にかしげたままじっと立っておりました。
研究のためなら仕方のないことなのでしょうか。無学の私には分かりません。ただ、毛布やタオルに強い執着をしめす赤ちゃんのさるがただただ可哀想でしかたないのです。可哀想、では言い尽くせません。残酷だ、という気持ちの方が近いのです。親がいた子です。事故やその他避けようのない自然の力で親と引き離された子ではないのです。胸が詰まります。
本と同じくラジオも番組によってはとても豊かな時間を私たちにくれます。中村先生を存じ上げたのもラジオのお陰です。情報はいろいろなところから手に入る世の中です。こういう世の中であるからこそ、何が大切なのか、何を優先させなくてはならないのか、しっかりと見極められる心を育てていきたいと強く思います。

Books!

投稿日:2017.02.16 ニックネーム:leon94

中村先生のご著書を何冊か拝読しておりまして『地球に優しい』という発想についてお書きになられた箇所に出会いました。そこで、いかに自分が思い上がっているかに気づくことができました。
自分たち人間が一段上に立って・・・その通りでした。自分ではそんなつもりではおりませんでしたので、恥ずかしさが湧き上がり、地球に生存している全ての生き物たちに頭を下げたい気持ちでおります。
今『生き物が見る私たち』を拝読しております。私の好きな和田誠さんのイラスト付きでとても分かりやすく読み進む事ができます。
全てのご著書に散りばめられている『生き物すべてが一つの祖先から生まれ・・・』このメッセージから多くのことを学べると感じました。私たちはみんな兄弟、姉妹、親戚じゃない、アリだって、ミミズだって、オサムシだって、恐竜だって、ライオンだって、トラだって、ゾウだって・・・なんだ、なんだ、そうなんだ! と私は少し興奮しております。
本は素敵です。25日、東京で中村先生に直接お目にかかれる機会があるというのに、残念ながらその日は大阪で参加できないという私のような人(勿論参加できない理由は様々でしょうが)は多いと存じます。そういう人々に、本は大切なことをきちんと文字で伝えてくれます。大きな味方で本から多くのものを貰えます。子供達にもこういう本の素晴らしさを是非、伝えていきたい、本を手渡したいと思います。

御礼

投稿日:2017.02.14 ニックネーム:leon94

お返事を頂き恐縮しております。有難うございます。
HPで予告編を拝見いたしました。多摩センターで実際に拝見させていただきたいという気持ちが強くなりましたが、残念ながら25,26日、私は大阪に参ります。(何とか大阪行きを一週間ずらすことができないか頑張ってみましたができませんでした。)東京にはご滞在なさらないのでしょうか。すぐにお帰りになるのでしょうか。本当に残念でたまりません。
東京にも大阪のような生命誌館ができましたら、(東北にも九州にも全国にできるといいと思います。)何かお手伝いさせていただきたいと、夢がどんどん膨らみ続けています。
これからHPを気をつけて拝読し、東京でのイベントを外すことのないようにしたいと存じます。今回はお手数をおかけ致しました。これからもどうぞ宜しくご指導下さい。

お返事

投稿日:2017.02.16 名前:中村桂子館長

残念ですがまたの機会もあると思いますので、ホームページを見て下さい。こちらこそこれからもよろしくお願いいたします。

448件中 1 - 5件目 次のページへ »

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

最新のお意見

2017年03月19日
ありがとうございました。
2017年02月27日
お礼とお願い
2017年02月16日
動物実験
2017年02月16日
Books!
2017年02月14日
御礼

過去の書き込み

ページの先頭へ