生命誌の広場

みなさんからのご意見

その他

地震・被災 お見舞い

投稿日:2018.06.19 ニックネーム:相模のラクダ

【このメールもいつ御覧いただけるか・・・ですが】
地震の物理的な被害や、展示物の落下・損傷など、何某かの被害があったと思います。まずは、被災お見舞い申し上げます。展示物や、博物館内の インフラなど、研究館の再開に日数がかかるかもしれませんね。私は、現地(高槻)には行けませんが、何か再開のお手伝いなど、微力ながら協力出来ること・お困りのことがあれば、ご遠慮なくお伝えください。余震にもご注意いただき、早期の平常再開を願っております。

お返事

投稿日:2018.06.19 名前:中村桂子館長

お見舞いありがとうございます。自然の力には圧倒されますが、おかげさまで大きな被害はなく、今日(19日)も開館できました。皆さまにいらしていただけることありがたく思います。

大阪北部地震 お見舞い申し上げます。

投稿日:2018.06.18 ニックネーム:竹ちゃん

 今朝の地震、東京に住む私も感じました。ちょっとした揺れでしたので心配もしませんでした。ところが、ラジオ聞いていて被害の大きさに驚いています。
 高槻市は、震源域で被害も大きいようですね。小学校3年生の女の子が、学校のプールの壁に挟まれて亡くなったという話を聞きました。校庭で遊んでいて地震の揺れに遭ったのかと思いましたが、写真を見ると道路側に倒れ、通学中の児童が犠牲になったのでしょうか。保護者の心情を考えるといたたまれなくなります。また、学校長の心情も、担任の心情も想像に余りあります。
 生命誌館は、展示物が多いので被害を心配しております。月曜日は、休館日でしょうか。開館時間帯ではなかったので見学者はおられなかったでしょうか。
 生命誌館の役割りがますます重要になっています。被害の少ないことを、復旧の早いことをお祈りしております。
 夏休み中には、大阪市内の研究会に参加します。その折に伺いたいと思っております。

お返事

投稿日:2018.06.19 名前:中村桂子館長

お見舞いありがとうございます。思いがけないことでしたが、おかげさまで大きな被害にならず、休館もなしにすみました。阪神淡路大震災の時高槻に活断層があることを知ったのですが、それでも普段は地震のことなど考えずに過しています。自然との向き合い方を考えると言いながら難しいことだと思います。またいらして下さい。

年刊号

投稿日:2018.06.06 名前:橋本 圭隆

只今、最新の年刊号はどの書籍でしょうか。
教えてください。

お返事

投稿日:2018.06.11 名前:表現を通して生きものを考えるセクター・川名

最新の年刊号は2017年10月15日発行の『ゆらぐ』(新曜社)です。
http://www.brh.co.jp/seimeishi/annual/2016/

書架の入れ替え中です

投稿日:2018.06.01 名前:橋本 圭隆

 尼崎市尾浜町1丁目。尾浜橋本セントラル 橋本耕三記念塾の書架の入れ替え中です。六月末までです。 お誘いあわせの上起こしください。

キアゲハ

投稿日:2018.04.18 ニックネーム:K.N.

何年か前に、送っていただいた蝶の食草の種セット。
人参とセリ無くなりましたが、イタリアンパセリだけはたくましく子孫を残して、世代交代しつつ未だ庭で元気に育っています。
お陰様で毎年 うちの庭からキアゲハが元気に飛んで行っています。

今年も先ほど玄関先で成虫を見つけました。

今日の関東はあいにくの雨で気温も低く、羽化したばかりの羽も濡れていたので そっと室内に連れて入って 今は植木鉢のガーベラの上で雨宿りさせています。
(画像をお送りできるといいのですが)

食草のタネ その後のお礼かたがた ご報告でした。

お返事

投稿日:2018.04.18 名前:中村桂子館長

御報告ありがとうございます。我が家でもイタリアンパセリは元気です。この気候が合っているのでしょうか。今年はウグイスがやけに早く3月半ばには上手に鳴き始めたと思ったら、チョウはあまりやって来ません。季節の変化が不規則で鳥や虫も戸惑っているのかもしれないと思いながら、賑やかになるのを待っています。

469件中 1 - 5件目 次のページへ »

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

過去の書き込み

ページの先頭へ