生命誌の広場

みなさんからのご意見

その他

祝:ノーベル医学・生理学賞受賞(本庶 佑)氏

投稿日:2018.10.02 ニックネーム:相模のラクダ

【館長様の研究時代】:当時は、分子生物学の黎明期で、DNA の 研究が始まったころ。館長と、同じ研究の、お仲間(後輩)では ありませんか?。本庶 佑 氏の 京大時代(若いころ)の、JT生命誌研究館 提供の写真(学友4人で フルートを吹くのと、米国留学時の同氏「2枚」)が 本日10/2の 朝刊に 掲載されていました。館長の ご意見・ご感想をお願いします!
昨日の夜は、そろそろ、ノーベル賞 発表の日だと思い、日本時間10/1の 夜PM9:30ごろ(:現地の時差を考慮して) 発表を待っていた所、第一日目の発表「医学・生理学賞」として、ノミネート?される、日本人の予想3人の中から、『「本庶 裕」氏:京大特別教授が、受賞しました。』と、速報が入りました。感激しました!(去年の受賞はなかったので・・・)日本人として:26人目(医学・生理学賞として5人目)は、快挙ですね! あの、「癌」の 特効薬:オプジーボに繋がった:免疫制御の 研究が 大きく関与しているのでしょう。この研究で、世界で多数の「命」を助けたのでしょうね。本当に、受賞おめでとうございます! また、「国」の、基礎科学研究予算も 減らさず、研究者が 安心して「仕事」を 続けられる「生活・業務環境」作りを 望みます。国民に希望を与えてもらい、本庶 様 本当にお疲れ様でした。

お返事

投稿日:2018.10.04 名前:中村桂子館長

日本にはすばらしい免疫研究者がたくさんいらっしゃり、競争と協力のよい環境がありました。その中での本庶さんの受賞ですので、日本の免疫研究の評価として喜こばしく思います。私事では、本庶さんとはたまたま「生命の未来を語る」(岩波書店)という対談集があります。2003年とかなり前ですが楽しくお話合いしました。

受精卵「ゲノム編集」解禁

投稿日:2018.10.01 ニックネーム:ハロウィンかぼちゃ

中村館長様【ご意見、感想など お聞かせください】
まずは、超強力な「台風24号」が、昨日~本日にかけ 日本を縦断して、甚大な被害を出すことでしょう。この会員の方にも 被災された方が おられると思います。南関東も、深夜~AM3くらいまで 暴風雨が凄かったです! まずは、被災された 皆様に お見舞い申し上げます。さて、上記、タイトルの件ですが、2012年「クリスパー・キャス」手法が 開発されたことにより、各分野の、「ゲノム編集」の 研究が 活性化され、不妊治療にも貢献しています(人口減少問題は国の基本的な大きな問題です)。今回、 厚生労働省、文部科学省の「有識者合同会議」が、28日:研究に関する倫理指針を了承しました(この指針のポイントは4点です)。癌や遺伝病治療に「光」が与えられ、「野菜や魚を短期間で品種改良」が 可能なった一方、ゲノム編集 処理後の 細胞の「癌化」の 恐れや、ゲノム編集研究の 先行により、人への応用 での「倫理面の解釈」や、「命の選択」、「デザイナーベビー」の誕生の問題に つながる、との懸念も 生じています。この、長短所について、機微な問題に対し、私たちは、どう解釈して、バランスをとって進めて 行けば良いのでしょう? 館長様の「私見」でも結構です。伺わせていただければ、幸いです。

お返事

投稿日:2018.10.04 名前:中村桂子館長

ゲノム編集も含めて、今急速に人間に迫る技術が進んでいます。これをどう受け止めるか。生命誌は、このような状況に備えて、「人間は生きものであり自然の一部である」ことを実感する人々がつくる社会を求めて活動してきました。人間を機械のように見て、経済効果を第一に考えて技術を選び、一直線の進歩をよしとし格差を生み出す社会の中で、今開発されつつある技術を使うのは恐いと思っているからです。まず、生きものとしての人間を大事にしようという基本をつくること。そうでなければバランスある進め方はできないのではないでしょうか。

マンダラという”うつわ”

投稿日:2018.09.24 名前:岡野桂子

土曜日、新聞のテレビ欄にマンダラ、生命誌という言葉が。その言葉につられて視聴。Eテレ”こころの時代”マンダラと生きるの最終回、「マンダラと日本人」の再放送でした。
マンダラが日本にどのように受け入れられてきたかというお話の中、マンダラをマンダラという”うつわ”と表現されました。神仏習合、有象無象のものが詰め込まれて、しかし、むちゃくちゃではないのですよと(ここで今年のテーマ「容}を思い出しました)。そこに、日本の自然に対する想い、自然観のようなものが注ぎ込まれ?本来のマンダラとは少し異なるマンダラが。そこではマンダラの中心から離れた仏様、さらにはマンダラの外にいらっしゃる神様にスポットが当てられ主人公になっています。中心から外へ、外からまた中心へ。いろんな神様仏様がそれぞれ浮かび出たり姿を消したり。生命誌マンダラを思いました。
後半、中村先生が登場され、アリもバクテリアもみんな38億年の時を紡いで今ここに生きているのですというお言葉、文字を通してではなくお声で聴けて嬉しかったです。再々放送、ないのかな~。

お返事

投稿日:2018.09.25 名前:中村桂子館長

こころの時代を見て下さったとのことありがとうございます。生命誌を通してものを見るということでこれからもさまざまな視点を探していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

ありがとうございます

投稿日:2018.09.06 ニックネーム:ラクダのマサ

川名さま
文献ありがとうございます
ヒトの色覚は社会性によるものだということが有力説なのですね(今のところ)日経サイエンスの別冊「鳥の科学」を読んだのですがこのことには触れていなかったように思います(古い記事も多いので)ありがとうございます。

お返事

投稿日:2018.09.10 名前:表現を通して生きものを考えるセクター・川名

自分がもつ「ものを見るしくみ」の背後に、長い進化の道のりがあることを考えるとワクワクします。今後の研究の展開を私も楽しみにしています。季刊誌を読んで感じたこと、疑問に思ったことなどぜひまたお寄せください。

館長 ご返答ありがとうございました

投稿日:2018.08.10 ニックネーム:たっくん

国立療養所長島愛生園で精神科医として働き 多くの著作を残された神谷美恵子さんについては今年5月に放送されたETV 100分で名著「生きがいについて」にて初めて詳しく知りました。本は借りて途中までしか読めていませんので全編を読んでみます。らい菌に感染したとしてもすべての人が発症するわけではないが 発症し病が進行すると命を奪うのではなく人間を奇形の生きものとしてしまう病 ハンセン病。今は化学療法が療養所にいられた患者さんの初期の化学療法による副作用で病が悪化という犠牲を経て後遺症なく全治することができるようになりました。ハンセン病 らいは病気ではなく天罰や生まれる前の悪行の報いと言われた時代が長く続き畏れられてきた歴史を持ちます。他の生きものなら異形になって成長するのは当たり前だけど人間は異形に対して特別な感情を持ちますね。人間という生きものを考える時 生命誌の一番 最後のところに人間はいると思います。生きものの命の見えない世界を感じることできるはずですからハンセン病 らいを発症された方々が強制隔離により受けた人生被害が繰り返されることのないよう見えない命のつながりの世界を学んで行きたいと思っています。神谷さんのテレビ放送最後の日の前日に大阪市の湾岸に昭和9年まで存在していた療養所 外島保養院の最後の入所者の男性が103歳で療養所にて亡くなりました。日本のハンセン病療養所は療養者がいなくなることで消える運命にあります。日本におけるハンセン病の歴史を後世に正しく伝えることは難しいけれど是非ともやらなくてはと思っています。

お返事

投稿日:2018.08.13 名前:中村桂子館長

とてもていねいに考えていらっしゃいますね。私は生命誌(Biohistory)を考える前にライフステージという考え方を提案しました。人間の一生を考えるもので、誰もが生れ、育ち、老い、死ぬというあたりまえのことを基本にしています。一生の間に誰もが赤ちゃんだったり、病人になったり、老人になったり。弱者がいるのではなく誰もが弱者になるということです。つまり、弱者のない社会はありません。ここからは特定の病気を特別のように捉えて差別をするという考え方は出ないはずと思っています。なんだか差別をしたがる人が目立っているようで気になりますね。

475件中 1 - 5件目 次のページへ »

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

過去の書き込み

ページの先頭へ