生命誌の広場

みなさんからのご意見

季刊生命誌について

季刊生命誌WEBフォームより

投稿日:2019.08.22 ニックネーム:キタハラ

(おそらく)創刊号からお送りいただいているかと思います。まず、テーマ設定にとても興味があります。またアプローチの仕方なども参考になり自分だけの楽しみとして毎回読んでおりました。「組み立て紙工作」に関しては自分で作ることはほとんどなく保存をしておりました。
●そんな中、小学生・中学生相手に〈夏休み寺子屋勉強会〉ということを企画し実践をする中で、不図、思い立ってこれまで溜めていた「紙工作」を使ってみました。その結果、非常に好評で、取り合いになる状況でして(勿論、私には各1セットしかないわけですので)「もっともっといろんな物を作ってみたい」という反応が多くありました。
●ついては、そちら様の状況も知らぬまま、ストックがありましたら”何でも結構ですので”お送りいただくことが出来ないかと思いまして誠に勝手なお願いながらメールを出させていただく次第です。

お返事

投稿日:2019.08.22 名前:表現を通して生きものを考えるセクター・齊藤

 創刊号からお読み下さっているとは、長いお付き合いありがとうございます。紙工作をみんなで楽しんでいただいたとのこと、とても素敵な活用方法ですね。お子様に大人気だったようで嬉しく思います。
 大変申し訳ございませんが、紙工作を含め、現在、BRHカードはバックナンバーのご送付が難しい状態です。ただ紙工作については、一部のみ、当館のホームページのこちらより型紙をダウンロードしてご利用いただけるようにしております。「生命誌すごろく」は過去のカードの付録にはなかったものですが、子ども達に人気です。今後もダウンロードできる作品は増やす予定ですので、ぜひご利用ください。
 ご希望に沿えず申し訳ありません。よろしければまたぜひ、声をお寄せ下さい。よろしくお願いします。

お返事

投稿日:2019.08.22 名前:中村桂子館長

 おかげさまで100号になり、続けることの大切さを実感しているところです。その間読み続けて下さいましたことが支えになっての継続です。ありがとうございます。
 紙工作は付録として考え始めたものですが独自の力を持っているようで、これからも生かしていけたらと思っております。
 研究館への思いなどホームページの語り合いの場にどんどん書き込んでいただけるととても嬉しいのですが。よろしくお願いいたします。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

過去の書き込み

ページの先頭へ