生命誌の広場

みなさんからのご意見

その他

館長出演 NHKスイッチインタビュー達人達を観て

投稿日:2019.07.22 ニックネーム:音の良いピアノ

令和元年7月20日NHKスイッチインタビュー: EテレPM10~
【中村館長×館野泉】達人たちの対談を観ての感想(見逃された方は再放送を!)
まずは、京都アニメーションの事件で犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
●さて、番組を観て総合的に一番感じたことは、(失礼かもしれませんが、) ご両人83歳にしては、非常に若々しく、仕事熱心で「プラス思考」全開だと言うことです。また、「六角精児」氏のナレーションも良い聴感でした。■前半は、館野泉氏宅での「今までの生きざま:ノルウェーとの関係性」を中村館長が、表情豊かな質問で聞き出し、繊細な館野氏の「左手だけのピアノ音楽 」で、心の底からの思いを話されたことは、さすが、BRH Cards で培ってこられた対談ノウハウが生かされたのでは・・と感じました。コンサートの「音」も良かった。◆後半の、中村館長の時は、館野氏を雨の高槻「JT生命誌博物館」に来ていただき、館内の展示物などを説明しながら 生命「誌」38億年について熱弁?されていたのが印象的でした。私も「史」と「誌」の相違点が少し理解できた気がします。また、館長も さすが、日本を代表する「リケジョ」の先駆者ですから! 館野氏も異分野の生命(誌)を理解され感想を率直に述べられていたのも印象的でした。前向きな「死生観」も達人達らしい感性でした。館内の色々な展示物の紹介の中でも、入口の「扇型の生物発祥の絵」と 大きな「細胞の透明模型」には 私も興味を持ちました。❤最後、館内の対面で丸テーブルに座っての番組まとめ話では単独の「音楽×生命科学」に留まらず、総合的な人間性:達人同志の域を超えた「生物が幸せに生きる」と言う『答え』を垣間見た気がし、意味深くてE番組で、やはり、一見の価値あり。観て良かったです。

お返事

投稿日:2019.07.25 名前:中村桂子館長

ありがとうございます。ニックネーム通りの舘野さんの音をお聴きになれてお幸せだったと思います。同い年なのですが私が1月生れ、舘野さんは9月生れでいらっしゃるので、お会いすると「お姉さんなんですよね」と意地悪をおっしゃいます。でも左手を思いきり生かしてまだまだなさりたいこといっぱいの感じは本当にすばらしくお仲間にしていただくことの幸せを感じています。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

過去の書き込み

ページの先頭へ