生命誌の広場

みなさんからのご意見

その他

絵本の箱

投稿日:2019.06.28 ニックネーム:ちろりん

26日のラジオ深夜便の童話のお話を聴きました、正確に言うと眠ってしまったのでリアルタイムではなく聴き逃し便で2回聴きました、再放送ではなく聴き逃しサービスで何回も聴けて便利な世の中になったものと嬉しく思います。
私も昭和11年の生まれなので幼稚園の頃はまだ平穏てしたが国民学校の時は疎開世代てそれでも家に小公女も小公子もあったので夢中で読みました、今改めて家族の優しさを感じ又読み返したい想いです、最近は家族間の哀しい出来事が頻発していますので。
生命誌の由来もよく分かりました、有難うございました。

お返事

投稿日:2019.07.03 名前:中村桂子館長

お聞きいただきありがとうございます。
「眠ってしまったので」はとてもよくわかります。あの時間は眠っている方が健全ですよね。
私たちが子どもの頃のお話に出てきた大人たちがすてきだったなと思いながら、今の大人、つまり私たちのことを反省しています。子どもたちに大人はすばらしいと思ってもらえているか・・・あやしいですね。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

過去の書き込み

ページの先頭へ