生命誌の広場

みなさんからのご意見

季刊生命誌について

季刊生命誌WEBフォームより

投稿日:2019.06.04 ニックネーム:レフティ

NHK-BSのスペシャル番組で「池内博之の漂流アドベンチャー」という番組がありました.(2019.3.24).その番組で,吉村昭さんの「漂流」という小説があると聞き,ぜひ読みたいものだと,注文したところでした.要するに,絶海の孤島鳥島へたどり着いた話です.
そして更に,番組に出てきた「アホウドリの調査をしている人」,びっくりしました.超有名な長谷川博さんではありませんか?
小生も若ければな~,私も京大迄とは言えないけど,このような研究の道に進みたかったな~と77歳になり死を毎日意識するようになり,人生はなんだったのかと,強く思います.

お返事

投稿日:2019.06.04 名前:表現を通して生きものを考えるセクター・齊藤

 サイエンティスト・ライブラリーに登場いただいた長谷川博先生についてのコメント、ありがとうございます。42年間鳥島に通い、独力でアホウドリの研究と保全に尽くされたという人生、なかなか成し遂げられることではないと思います。先生の生き方はとてもユニークに見えますが、どんな人生も、生きた年数だけ挑戦の連続であり、アドベンチャーである点は同じなのではないでしょうか。

お返事

投稿日:2019.06.05 名前:中村桂子館長

アホウドリと僕の42年間」の取材では、長谷川先生にお話を伺っていてこちらものめり込んでいきました。確かにすてきな生き方ですね。でも…と自分をふり返り、私は私として生きてきたよなあと思うのです。年を重ねるといろいろ思うことはありますが、自分なりにと…

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

最新のお返事

2019年06月18日
絵巻の中の人々と私
2019年06月18日
RE:ダマシオと生命誌 
2019年06月11日
ダマシオと生命誌
2019年06月06日
あるまじろ
2019年06月05日
季刊生命誌WEBフォームより

過去の書き込み

ページの先頭へ