生命誌の広場

みなさんからのご意見

展示・映像について

食草園を楽しむ

投稿日:2019.01.17 ニックネーム:ミッキー

以前、大森荘蔵著「知の構築とその呪縛」を読んで、現代社会では忘れられてしまった活き活きとした自然との一体感を取り戻す「重ね描き」という方法を知りました。研究館は展示と建物全体で生命誌の世界観を表現するユニークな施設ですが、そこに重ね描きを自分流に応用して生命誌の世界を仮想体験するようにしてみては?と考えました。「食草園」を中心に描いた想像物語です。しばしの間お付き合いいただければ幸いです。

研究館に入って、4階まで続く一段1億年の階段を、生きものの進化のパネルを眺めながらゆっくりと登り、38億年の長〜い時間を体感します。辿り着くのは現在この瞬間の自然界“食草園”です。予め食草園の写真日記を見て、四季折々の植物や蝶の姿がよりカラフルに思い浮かべられるようにしておきます。
さて、ここからです。想像力を思いっきり逞しくして、食草園の周りの厚い壁を“透して見る”のです。すると、眼下に高槻の街並みが見え、その先に広がる山々が見えます。さらにその向こうは地球です。そこで命を育む生きものたちの姿が見えて来るのを待ちます。やがて、その生きものたちの世界の中に自分がポツンといるのが感じられます。私はその中の小さな生きものです。自然が私を包んでいるのが感じられます。自然との一体感です。頭の上を見上げると「生命誌曼荼羅」の世界が広がっています。その中の生きものたちに囲まれて、暫しのあいだ穏やかな時間を楽しみましょう。

食草園は、生きものが38億年を、巨大隕石や全球凍結による全滅の危機を乗り超えて命を繋いできた今この“刹那”です。命を育む大自然の“ひとかけら”ですね。

追伸:
中村館長の「ナズナもアリも人間も」を楽しく拝読させていただきました。示唆に富んだお話がたくさんありました。特に、XとY遺伝子から「性と死」に至るくだりは、「人間は生きもの」についてより違った観点からより深く考えるきっかけを与えてくださいました。ありがとうございます。

お返事

投稿日:2019.01.21 名前:中村桂子館長

「重ね描き」はまさに生命誌の基本ですのでお書き下さった想像物語は生命誌の本質だと思います。おっしゃる通りです。私はそれを「生きもの感覚」と言ってきたのですが、郡司ペギオ幸夫さんが「天然知能」という言葉で、私が感じてきたことを論理的に語って下さっています。「天然知能」の話は難しいので「生きもの感覚」と同じかどうかわかりませんが。私が感じてきたことが論理で語れたらいいなと思って・・・いろいろ考えることがありますね。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

過去の書き込み

ページの先頭へ