生命誌の広場

みなさんからのご意見

季刊生命誌について

季刊生命誌WEBフォームより

投稿日:2019.01.17 ニックネーム:季刊生命誌読者さん

メルマガの電車内の話で思い出したこと。中学受験塾の理科の先生がいつも「昔の子供の様に周りの自然に触れ遊んでいれば解る問題ばかりなんですが今はねぇ…」と言っていたこと。五官で知覚する幼少期の「原体験」ってもう無いのかも。

お返事

投稿日:2019.01.17 名前:表現を通して生きものを考えるセクター・齊藤

アンケートにご回答いただきありがとうございます。私は思う存分自然の中で遊べた世代かというとそうではなく、大きな森や広い原っぱに憧れがありました。確かに私たちが取材した研究者の中には、子供のころ自分でおもちゃを作って遊んでいたせいか、理科は勉強しなくても満点だったという方がいました。理科が子供の遊びから離れてしまうと、ますますつまらなく感じてしまうかもしれません。人間も他の生物と共に自然の中で暮らしていることを忘れないようにしたいですね。

お返事

投稿日:2019.01.21 名前:中村桂子館長

生命誌をお読み下さってありがとうございます。おっしゃるように自然に触れることの大切さが忘れられていますね。スマホで育つ子どもについて考えたことを今回の”ちょっと一言”に書きました。その後お答えに近いことを思いつきましたので、次の”ちょっと一言”(2月1日)に書きます。リービ英雄さんのエッセイからヒントをいただいたものです。お読み下さって何か書き込んで下さると嬉しいなと思っています。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

最新のお返事

2019年02月22日
生きものの世界とAIの世界
2019年02月22日
BRHメールマガジンvol.350、及び、お祝い
2019年02月12日
天然知能
2019年02月07日
情感を育む
2019年02月04日
生命誌絵巻

最新のお意見

2019年02月22日
BRHメールマガジンvol.350、及び、お祝い
2019年02月11日
生きものの世界とAIの世界
2019年02月11日
天然知能
2019年02月06日
情感を育む
2019年02月02日
生命誌絵巻

過去の書き込み

ページの先頭へ