生命誌の広場

みなさんからのご意見

その他

祝:ノーベル医学・生理学賞受賞(本庶 佑)氏

投稿日:2018.10.02 ニックネーム:相模のラクダ

【館長様の研究時代】:当時は、分子生物学の黎明期で、DNA の 研究が始まったころ。館長と、同じ研究の、お仲間(後輩)では ありませんか?。本庶 佑 氏の 京大時代(若いころ)の、JT生命誌研究館 提供の写真(学友4人で フルートを吹くのと、米国留学時の同氏「2枚」)が 本日10/2の 朝刊に 掲載されていました。館長の ご意見・ご感想をお願いします!
昨日の夜は、そろそろ、ノーベル賞 発表の日だと思い、日本時間10/1の 夜PM9:30ごろ(:現地の時差を考慮して) 発表を待っていた所、第一日目の発表「医学・生理学賞」として、ノミネート?される、日本人の予想3人の中から、『「本庶 裕」氏:京大特別教授が、受賞しました。』と、速報が入りました。感激しました!(去年の受賞はなかったので・・・)日本人として:26人目(医学・生理学賞として5人目)は、快挙ですね! あの、「癌」の 特効薬:オプジーボに繋がった:免疫制御の 研究が 大きく関与しているのでしょう。この研究で、世界で多数の「命」を助けたのでしょうね。本当に、受賞おめでとうございます! また、「国」の、基礎科学研究予算も 減らさず、研究者が 安心して「仕事」を 続けられる「生活・業務環境」作りを 望みます。国民に希望を与えてもらい、本庶 様 本当にお疲れ様でした。

お返事

投稿日:2018.10.04 名前:中村桂子館長

日本にはすばらしい免疫研究者がたくさんいらっしゃり、競争と協力のよい環境がありました。その中での本庶さんの受賞ですので、日本の免疫研究の評価として喜こばしく思います。私事では、本庶さんとはたまたま「生命の未来を語る」(岩波書店)という対談集があります。2003年とかなり前ですが楽しくお話合いしました。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

過去の書き込み

ページの先頭へ