生命誌の広場

みなさんからのご意見

季刊生命誌について

季刊生命誌WEBフォームより

投稿日:2018.09.28 ニックネーム:M・H

中村先生の本を読み始めて凡そ10年に成ります。季刊生命誌98号の時間論と遺伝子の構成、私にとっては将に核心点です。ドキドキと動悸がします。何故か、トランプ・ファーストを想起しました。
私の場合、財務畑を歩んで来た所為か、貸し方・借り方、債権と債務のバランスに気が行くのですが、何事もイコールに見えて実はイコールではない事に留意して来ました。又、時間と時間、空間と空間、時間と空間、何れも決してイコールではないと思って来ました。対称でないものを対称関係に置く事が、ヒト属の自己矛盾の展開方法だと想います。故に、其の意味でトランプは最先端に立って居ると思ってしまいます。何故なら、本来、災害大国で債務膨張の日本こそファーストでないといけないからです。
遺伝子の構成図の右端に「続き」があるように、私たちは「展開」を予想して居ます。「次」はどうか?、と。―――戦慄が走ります。科学は目的の為にもっと関与しなければいけないと想います。

お返事

投稿日:2018.09.28 名前:表現を通して生きものを考えるセクター・齊藤

ご感想ありがとうございます。財務という大切なお仕事の中で、数値だけにとらわれず、さまざまなことを考えていらっしゃるのが素晴らしいと思いました。自分の持っていないものを手に入れたり、できないことができたりと、お金はすごい発明であり、今の私たちにはなくてはならないものだと思っています。けれどおっしゃる通り、誰かの時間もどこかの空間も、お金に換算することで好きなように切ったり貼ったりできるように思えてくることがあり、自分でも怖いなあと感じます。未来へのご思索に、季刊生命誌も少しでもお役に立てれば幸いです。そして、これからもお考えになったことを、「生命誌の広場」にお寄せください!

お返事

投稿日:2018.09.28 名前:中村桂子館長

私が一番苦手とする財務の御専門の方が、御自身のお仕事と生命誌を関連づけて考えて下さっていると伺い、生命誌の広がりを感じました。ありがとうございます。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

最新のお返事

2018年12月17日
《自由》と【多様性】の関り…
2018年12月17日
人が生きるとは
2018年12月17日
畑新人
2018年12月13日
季刊 生命誌99号
2018年12月05日
季刊生命誌WEBフォームより

最新のお意見

2018年12月15日
《自由》と【多様性】の関り…
2018年12月14日
人が生きるとは
2018年12月14日
畑新人
2018年12月13日
季刊 生命誌99号
2018年12月01日
「こころ」について

過去の書き込み

ページの先頭へ